パチ屋店長のお客様応援隊

エピソード3 ゴト師との遭遇と対決とか

calendar

スポンサーリンク

ゴト師さんは絶滅してもらいたいもんです。

ちょっとパチウォーズっていう題名が恥ずかしすぎるので外しちゃいましたw。夜中に書いたラブレターを朝読み返すと死にたくなるというあれです。

そんな訳で、たろーまんさんから頂いたネタでゴト師とのエピソードを書いてみたいと思います。

ゴト師ですが、いろいろなゴト師がいます。今はハイテクなのでローカルゴトは見かけなくなりましたが、まあいろいろいます。

ちなみに、磁石ゴトや油ゴト・ピアノ線ゴトなどを「ローカルゴト」と言います。それ以外はハイテクなのですが、ハイテクゴトとは言いません。

ゴト師は最近増えたのか減ったのか?という素朴な疑問ですが、比べる時期にもよりますが確実なのは「減ってない」という事です。ちなみに年間の被害額は約500億だろうと想定されてます。私が勝手に想定してる訳じゃないですよwお上が出してる数字です。

ネットなどでは年間数千億という推定もありますが、正直そこまでは多くないでしょうね。無理があります。

それはさて置き、業界歴が無駄に長いのでゴト師にもそれなりに遭遇してます。無駄に業界歴が長いとゴトや裏モノ系のいわゆる「業界の暗部」には詳しくなりますが、今日はエピソーソだけにしときます。

ケース1 エヴァで仕込まれた基盤

これ、実は犯人がゴトなのか内部なのか未だに分らないのですが、多分ゴト師に仕込まれたんだと思います。書いての通りCRエヴァンゲリオンの基盤を不正基盤に交換されたという事です。ある手順を踏まえると当るというセット物が仕込まれてます。ちなみに普通に打つと2000回とか嵌りますwこういうセット物は出してもデータで気が付かれないように、通常時の確率を激悪にしていました。

20080922_235157

ちょっと画像が大きいですが、当時仕込まれた基盤の実際のレントゲン写真です。おわかりいただけただろうか・・・・・・。

ケース2 磁石ゴト師

これはもう10年以上前ですが、何故か私が当時コンサルで担当してたお店に磁石ゴト師たちがわんさか来るようになりました。ホー助君が狙われていたのですが、それはもう日替わりでゴト師が来るわけです。

当時は警察を呼ぶのは恥なんていう業界の悪しき習慣があったため、ゴト師がくるたびに話しに行くのですが、大半は納得するわけです。ローカルゴトは基本的に話を聞きます。

そんなこんなで7人くらい追い出した訳ですが、そこに新顔のゴト師が訪れますが、このゴト師がヤバかったのですが、何がヤバイかといえば「完全に○中」な訳です。実際に使ってるかどうかは見てませんが、どう見ても○中で話すら通じません。おまけに○○ザですw。

ゴト師のくせに子分を1人引き連れていたのですが、この子分もひじょーにヤバかったですw。子分にいたっては言語が理解できない訳で、これは身の危険を感じるわけです。

話をしようにも話が通じないので、困ったなーと思ってたら正義感溢れるアルバイトの溝口くんが、何を思ったのか真後ろに仁王立ちして監視をし始め、案の定揉めましたww

結果的には、身の危険を感じたので警察に来てもらいましたが、警察に電話したのを察知したゴト師は逃げていきました。まあ捕まると困るからでしょうね。

ケース3 追いかけたら・・・・・

これは数年前でしょうか、カウンターに常連さんが来て「おい、台を開けられとるぞ」と教えてもらい、インカムが入りました。モニターを見るとスロットエヴァに数人の人だかりと、島端にキャッチがいるのが確認できたので、ダッシュで向かいました。

案の定キャッチが何かを言ってきましたが、無視して進むと数人の人だかりは一気に逃げて行き、私と駆けつけた役職者Aとで店の入口まで追いかけましたが逃げられました。

ただ、これは逃げられたというより、逃がしたという方がある意味正しいです。当時のゴトは中○系が多く、反撃される事案が実際にあったので、昔みたいに捕まえて事務所になんて事はしないようにという時期ががありました。捕まるくらいなら○してでも逃げるという事なんでしょうね。

暗黙の了解ではないですが、出入り口までは追いかけ、ゴト師は全力で逃げ、それ以上は追いかけない、ゴト師も二度と来ない、という感じなのですが、私が出入り口まで追いかけ店外に出て逃げて行くゴト師を睨みながら、ふぅーと冷や汗をかいていると別の出入り口から勢いよく飛び出してゴト師の方にダッシュする人が・・・・役職Bでした・・・。

ヤバイと思った私は追いかけましたが、ゴト師も役職も足が速く見失います。これは新聞にのっちゃうか?とかあーもうある意味終わったな・・・と思っていたら、ダッシュで顔面蒼白な役職がこちらに向かってきます。「どうした!」と聞くと「ナイフ出されて追いかけられました!!」という事で、やっぱり追いかけちゃダメなんだなーと思った瞬間でした。いやー○国系はほんとヤバイです。最近はあまり見ませんけどね。本国の景気がバブってるので日本でゴトなんていうリスクを犯すのがアホらしくなったのでしょうかね?

ケース4 電波

これは私が捕まえた訳じゃなく、友人が捕まえたケースですが、この事案のおかげで当時半信半疑だった電波で当るという電波ゴトに確信が持てたという意味では非常に助かりました。

13年か14年くらい前でしょうか?当時業界の一部で「仕込が無くても電波でスロットが当る」という噂がありました。電波で当るというのはパチンコではありました。初代ギンパラとかですね。これは仕組み上ありえるのですが、スロットではありえないというのが常識でした。

台の中にアンテナを仕込まれれば電波でも当りましたが、これは明らかな仕込みゴトです。噂では「何も仕込んでない普通の台でも電波で当る」という事だったので、正直信じられませんでしたね。

信じてないのでガセだと思ってたのですが、友人と電話で話をしてた時にこの話になり「ガセだよね?」という私に「いや、ありますよ」と友人が言いました。「いや、ありえないって」という私に「いやいや本当にありますって」という友人。ちょっとイラっとしたので「何を根拠に言ってるのよw」と小馬鹿にして言ってみると、「いやだって捕まえましたもん」と言われ詳細を聞きました。馬鹿なのは私だったという事です。当時は対策できなかったので対策ができるまでの間は、コンチの島に仁王立ちしてたのは思い出です。

まだありますが、エピソードとしてはこのくらいにしときます。

私が今いる会社はゴト対策に理解が深く、ほぼ万全の体制なのでここ数年ゴトの被害にはあってません。ありがたいことです。おかげで今の会社では捕まえるまでに至ることはありません。

捕まえた時期とかエピソードの大半はコンサル時の時か、その前の会社の頃です。

あと、余談ですが業界人の中には、ゴト師に異様な嗅覚を持ってる人が存在します。ジミー大西も真っ青なくらいの嗅覚です。私の部下にもいましたが凄い才能です。

ただ、この業界の経営者でゴト対策に理解を示してくれるというのは、まだまだ少数です。昔に比べれば増えたのかもしれませんが、ゴト対策にお金をかけるのを心底嫌う経営者も多いんです。そういう経営者の考え方は「その為におまえらがいるんだろ」という考え方。

無料で情報を得るのにも限界があるんですけどね。そういうお店で働いている店長さんに心底同情します。

よく聞かれる事といえば、ゴト師などの対応をする事に関して「怖くないのですか?」という質問をスタッフとか友達とかに聞かれます。そういう時は

怖いに決まってるだろww

と怒ってやりますけどね。

 

↓ 良ければお願いします。↓

この記事をシェアする

コメント

  • 今までで一番ウォーズらしかったのに残念です笑

    by たろーまん 2016年2月10日 23:11

    • ほんとすいませんw
      たまに自分自身ののセンスに絶望する時があるのです笑

      by おかず 2016年2月11日 17:21

  • そーいえば、近くのホールでも、ユニバ筐体だけ投入口にプラスチックで対策してるホールがありますね!!
    結構やられてるんですかね?
    書き残し分です笑

    by たろーまん 2016年2月11日 00:07

    • ユニバ系は一昨年くらいから結構やられてます。
      メーカー対策がされてますが、普通に突破されてやられますので、別でお金かけて対策しないといけないんです。

      by おかず 2016年2月11日 17:46

  • 今は減りしたけど昔は酷かったでしょうね。
    うちの地元は飲み屋系、風俗系を中国系の方々が仕切ってるんで
    かなり中国人の多い地域でしたね。

    基本的にイイ人ばかりなのですが一部の不法滞在の中国人グループが加減を知らなくて物凄く怖かったです、その当時パチンコゴトに手を染めてた見たいでしたが客は見て見ぬふりでしたね。
    普通に拉致られちゃいますもん。

    店長身の危険を感じて見て見ぬふりの所もあった位ですし。
    警察あの当時は事が起きてからしか動かなかったし。

    結局そのグループは強盗、殺人、麻薬のフルコンボでみんな捕まったみたいですけどね。

    中華系犯罪組織はマジで手加減知らない分ヤクザさんより怖かった。

    by ぴったり 2018年7月7日 11:31

    • コメントありがとうございます。

      そうですね。今は昔に比べると本当に激減しました。
      おっしゃる通り、十数年前までは中国人のゴトグループが多く尚且つ凶悪で
      私たちもゴトを発見しても絶対に確保せず警察に通報するようにと教育されたくらいです。
      中国系の方達は話が通じず(日本語が通じないという意味ではないです)
      手より先に刃物が出てくるのが普通でしたので怖かったですね。

      最近は台のセキュリティが上がったのと、中国が好景気になったので中国系は減りましたね。

      遊技台の設置から撤去までのスパンが短くなったので、ゴトネタを見つけた時にはお店に設置が無いという理由も実はあったりするんですけどね笑

      by おかず 2018年7月8日 00:43

  • てゆーかパチンコ屋の客に中国系の人が減った気がしますね。

    4号機のオリンピアやエマの台打ってた時は中国人、フィリピーナ、ヤンキーしかいない感じでしたけどね。

    by ぴったり 2018年7月12日 07:17

    • 地域によって違うのかもしれませんね。私の地域では中国系のゴトは減りましたが、中国系のお客さんは増えてたりします。そういえばヤンキーは減りましたね笑

      by おかず 2018年7月13日 03:28

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。