パチ屋店長のお客様応援隊

スロットの設定にセオリーはあるのか?

calendar

スポンサーリンク

ありません。店それぞれです。

たまーに聞かれるのですが、「やっぱ角台に設定入れるの?」とか「角台って設定入ってないの?」とかみんな角台好きだなーって言うのは置いといて、要は設定のセオリーみたいなのあるの?みたいな事は聞かれたりします。

上にもあるように基本的にそんなもんはありません。店それぞれ設定担当者それぞれの考え方、やり方なので、これが設定のセオリーだ!なんてもんはありません。

例えば、みなさん大好きな角台。角台の設定に関してもいろいろな考え方があります。例えば、

角台に設定を入れて見せ台にする。

一定期間で全ての台を同じ出玉率に揃えるので、角台とか気にしない。

角台は稼動が良いので、設定を入れるとバランスが悪くなるから入れない。

とかですね。どれが間違っててどれが正解とかはないです。この業界は結果が出てる店=お客が多い店=稼動が高い店が正義なので、結果が出てればそれが正解なんですね。

店もいろいろの店があります。お客さんが多い店・少ない店、駅前・繁華街・郊外、客層など店が違えば条件も違います。条件が違うのに設定だけパターンが決まるってのはおかしな話ですからね。

なので業界人がスロットを打っても余裕で負けます。ハイエナしか勝てませんw。私も一応は設定を担当する者として、他店に行った時にデータから予想しますが、見事に負けますからね。

セオリーはないけど癖はある。

店それぞれですがお客さんには癖があります。前日出ている台が次の日に動かなかったり、その逆があったり、配置的に動きにくい台があったりとか、いろいろその店でのお客さんの癖というのがあります。

もちろん設定を担当する店長や役職にも癖があるんですね。上記に書いたように角台を愛する人がいたり、角台にはテコでも入れない人がいたり、1日出たらすぐに設定を下げたり、3日くらい出して3日くらい落とすとか、黒差が○○枚超えたら必ず設定上げるとか、出てない台はそのまま設定を上げないとか、出てる台はそのまましばらく出すとか

まあキリがありません。

なので、セオリーがあるかないか?と言うよりは、店独自の設定の癖があると言った方が近いのかもしれません。

中間設定を好む人もいれば、135しか使わないって人もいますからね。設定の癖を掴むというのはお店に通ってデータを見ないとなかなか難しいので根気がいりますし、設定担当もデータを見てるので、癖を見抜かれたなーと思えばやり方を変えます。

お客さんの癖と担当者の癖が合わさって、その店の設定が配分される感じなので、やっぱり見抜くのはかなり難しいですね。

でも予想して座って、勝った時ってなんか

その店の店長に勝った気がして私は嬉しい気持ちになります(笑)

逆に負けたときは

その店の店長に負けた気がして凄く凹みますけどね。

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。