パチ屋店長のお客様応援隊

おかず店長の独り言【釘】

calendar

reload

おかず店長の独り言【釘】

スポンサーリンク

あくまで独り言なので取り扱い注意です。

釘規制ってみなさんもうご存知ですよね。6月から遊技産業健全化推進機構(長すぎw以下機構で)が遊技性能調査ってのを開始しています。

機構の役割は、ホールへ検査に入り不正改造など違反がないか調べ、その結果違反が認められた場合は警察へ通報するというもの。遊技性能調査もこれと一緒で、11月末までは調査しかやらないけど、悪質な場合は12月から通報しちゃうぞという風になってます。

機構の影響力(権限と言った方が近い?まあ力です)は意外に強いんですね。パチ屋が機構に逆らう事はありません。機構の通報内容を警察が疑うこともありません。それだけ機構の影響力は強いものです。ただパチ屋は機構の影響力を過小評価する店が多いのも事実です。

今回の釘規制の発端はもちろん警察庁。ネットで情報が溢れているのでご存知かと思いますが、要は「他穴を締めてスタートを開ける調整は悪質な改造だ」「検定時と同様の性能じゃない」とけん制したのですね。そしてこれがいわゆる諸元表通りという解釈になって今に至るわけです。

諸元表通りにしろという訳ではない??

ただこれは諸元表の通りにして釘を一切触るな!という趣旨ではないというのが私の独り言です。お上が問題視しているのは「設計上たくさん入るはずの入賞口に入賞させないで、その分スタートに回している」という事と「保通協検査時・検定取得時の性能と違う」という事。要は、検定上の機械性能を、全く違う機械性能にしているというのを問題にしてる訳です。その手法が釘調整という事です。

では、ある程度他穴に入賞させればいいだけじゃないの?という疑問になります。実際業界でも、どの程度の入賞なら遊技性能調査をクリアできるのか?という疑問もあります。ただ、釘調整は建前上禁止です。禁止されてる建前がある以上、お上がこの程度ならいいよという見解を出す訳はないのですね。なので諸元表通り以上でもなければ以下でもないという風になるのです。

パチ屋だけの問題じゃない?

そもそも何故お上はこんな事を言ってきたのでしょうか?何かがきっかけでという訳ではなく、色々な事案からもう我慢の限界ですよという流れになったと思ってますが、1つはいわゆる通常時のベース値を上げて射幸性を下げたいという狙い。これはスロットのベース値上昇でも分るようにスロットだけじゃなく、パチンコも同じという事です。

もう1つあるのがメーカーが受ける型式試験と検定。機械は保通協で型式試験を受け、適合した後に各都道府県で検定を受けるという流れです。この型式試験と検定時にはもちろんメーカーは機械だけではなく、機械性能を示す書類を一緒に出します。その一部にいわゆる諸元表なる釘の配置が記載されているものがあります。この諸元表のゲージと実際に営業でのゲージが、かなり極端な違いがあるというのが現状の状態です。その極端な違いの結果ベース値は低く営業され、尚且つ試験適合時と検定通過時の性能を有してないという事を問題視しているのだと思います。

ではなぜ保通協と検定時のゲージと極端な違いがでるのか?といえば、保通協試験を適合しやすくする為。簡単に例えると、総量規制にひっかからない様にするには、極端にいえば大当りしなければいいだけ、下限界値をクリアするには他入賞口を開ければいいだけです。したがって命釘を限界まで締めた状態と他入賞口を極端に開けた状態で試験に持ち込み適合を受けやすくするというやり方だからです。まあ試験の抜け道という感じですね。

はっきり言えば試験の方法がザルだった訳ですが、ザルだからと言って問題が無いという訳ではなく、今回はそこの部分も影響して警察庁から突っ込まれているわけです。そうなるとそもそもそういう性能でしか試験に適合・検定取得しなかったメーカーにも責任が出るわけですね。

結局、お上が激怒して終わる訳です

つい先日、釘規制に関して新たな情報が出ました。

警察庁は11月6日、都内新宿区の遊技会館で、ホール5団体の関係者を集め、検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ遊技機について、業界を挙げて撤去を推進するよう要請した。

引用元:遊技日本

上記の記事によるお上の見解は

機構の調査結果見る限り、釘が全然改善してない!

メーカーが出荷時点でゲージ変えてる機械があるらしいね!

だからメーカーもホールも両成敗ね。

ホールもメーカーも協力して撤去せーよ!

撤去進まないなら検定取り消すからね

という感じで、お上の激怒っぷりが伺える内容です。ただここから先は9日以降に正式に決まってくる感じです。あくまで速やかにというだけで、時期も規模も機種も何も決まってません。

結局は自業自得となるのでしょう

私も含めて結局業界は今回の事案で一切動くような素振りはありませんでした。声を高々にパチ業界のリーディングカンパニーなんて言ってるあの企業も特に何もしてません。合法化だ!地位の向上だ!って鼻息荒い某団体加盟ホールもなーんもしてません。

結局は、メーカーもホールも自分達が模範になる!なんていう所は一切なかった訳ですし、実際なかった訳ですね。そんなんでまぁCMバンバン流したり、スポンサーになったりしてもねーと個人的に妬んでるだけですが、まぁそんなもんですこの業界は。

結局ホールとメーカーは自業自得なので負担が増えようが、それが基で倒産しようがどうでもいいんです。ただお客さんには責任はありません。アホな業界人が「お客がそういう機械性能を望んでいる」などと言いますが愚の骨頂ですね。

少しでもお客さんに負担が無いような撤去をしなければ業界に未来は無いなと思う私の独り言でした。

 

 

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。