おかずのチラ裏

パチンコ店店長のチラ裏です。

暑くなってきたので、パチンコ店であった霊的な話

calendar

reload

暑くなってきたので、パチンコ店であった霊的な話

見えます!見えます!

何が見えるのですか?

あなたのオーラが!

おお!凄い!それは何色ですか?

・・・・

さて今日はお待ちかね、いよいよ霊的なお話だよ。

さすがに皆さん飽きてますけど・・・

これもコンサル時代にあったお話だよ。

当時とある担当店舗の閉店後。

社員は事務所内の金庫室で最終チェックをしています。

ホールと事務所の出入りは扉一つだけ。

私はホールへの扉に向かって、社員2人と談笑しながら金庫室の作業が終わるのを待っていました。

あとは事務所にある最終出入口から帰るのみ。

数人はホール内の最終巡回に行ってましたが、誰が巡回をしているかは把握してませんでした。

ホールの巡回を終えた社員が事務所に戻り、ホールと事務所をつなぐ扉の鍵を閉めました。

「あーもう終わるな。」

そう思った瞬間

ホールへ行く扉のドアノブが

ガチャガチャガチャ!

と激しく上下します。

その店にはA君という「いじられキャラ」的な社員がいたので、私はどうせA君をホールに残してカギを閉めたイタズラだと思いました。

「おーい、くだらない事はいいから」

金庫室にいる社員は私の言葉に不可解な顔をしました。

「おい!どうせAだろ!はよ開けろや!」

私は早く帰りたかったのもあり、幼稚なイタズラにイライラしたのでしょう。

金庫室にいる社員に大きな声を出しました。

その時、金庫室から

A君
A君

え?呼びました?

とA君が顔を出します。

「あれ?」

「じゃー扉をがちゃがちゃしてるの誰?」

「あれ?」

「みんな事務所にいるじゃん」

「あれ?」

事務所に異様な空気が流れました。

ホールと事務所をつなぐ入口にはカメラが付いていました。

「ちょっと確認してみよう」

テープを巻き戻してホール側から扉を映している映像を見る事にしました。

そこには、社員が巡回を終え事務所に入り、ホール内の電気が消えた映像が映っていました。

当時はビデオテープで録画していたので、画像はあまり鮮明ではありませんでした。

もう一度巻き戻して見てみると

ホール内の電気が消えた後、

誰もいないのに

ドアノブが上下に動いているのが微かに見えたのでした。

じょぼぼぼぼぼぼ

え?怖いですか?

正直、ちびったね。

あまり怖くなかったのですが

真実はそんなもんだよ。

一体何だったのですか?

これは分からん。

お化け信じないのに怖いとか。

今、店でこれを見ているそこの業界人!

モニターを見つめてみよう!

誰もいないのに・・・・

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

吹けば飛ぶようなその辺の石ころ店長です。大した事は書きません。タイトル通り、チラ裏レベルの暇つぶしです。