おかずのチラ裏

パチンコ店店長のチラ裏です。

適正台数と適正価格

calendar

reload

適正台数と適正価格

今、スマホから書いているのですが、めちゃくちゃ面倒くさいですね。

まあ、フリック入力使えない自分が悪いんですけどね。老いを感じます。

さて、パチンコ業界では適正台数という言葉をよく使います。適正な価格って言葉も組合がメーカーに言ったりします。

意味は読んで字の如くなわけですが、総台数に対して適正な台数、要は多過ぎず少な過ぎずって事ですね。

適正価格は単純に「値段高すぎ!」ってだけです。

この機種は総台数の2%が適正だ!って感じで使われたりします。

個人的には適正台数は無い?

いろいろな考え方があるので特に自分が正しいとは思いませんが、個人的に適正台数なんて無いんじゃないかな?とか思います。

昔、パチンコ全台「CRバカボン」でグランドオープンしたお店がありましたが、まあこれは論外ですけどね。

例えばスロット200台のお店が、「適正台数は2%程度だ」と言われている機械を5台導入したとします。設置比率は2.5%ですね。

これでオープンした結果、ある一定期間のアウト稼働(in枚数)が平均で20,000枚あったとしましょう。

毎日20,000枚動くという事はほぼフル稼働なわけです。物凄い稼働があった場合は、適正台数だから動いた訳ではなく、

単純に台数が少ないだけ。

って考え方もできたりします。もちろん台数が多くなりすぎると稼働は落ちる事はあるでしょう。いくら当時大人気だったとはいえ、全台CRバカボンのお店はぶっ飛んでましたからね。

まあ、要は何が言いたいか?といえば

動くなら何台導入しても良い

という事ですね。100台入れて稼働が落ちないなら別に100台導入すればいいんです。

事前に何が根拠か分からない「この機械は2%!」って決めちゃうと増台するタイミングを失敗したりします。「適正台数を維持して高稼働を維持!」とか思っちゃうからですね。

値段も別に高くていいんですよ。(いや良くないか)

検定期間3年間、高い稼働を維持してくれる機械なら別に100万円でも文句言いません。

ジャグラーなんて普通に買えない訳です。まあ抱き合わせですよ。定価が1台約40万でも抱き合わせ合わせりゃ1台80万くらいになる訳です。

でもあまり文句言われないんです。みんな仕方ないと思っているわけですよ。3年間動くわけですからね。

まとめ

ジャグラーなんて中古でくっそ高い値段が付くわけです。それを見越して買って転売するお店もあるわけです。

中古で高くなってもメーカーは1円も儲からないんですよね。「中古が80万だから抱き合わせでもパチ屋は買うだろう」て考えならジャグラー100万で売って糞台作らなければ・・・・まあそんな簡単じゃないか。

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

  • おかずさん、お久しぶりです!
    ってか、リニューアルついでに過去記事を殆ど消してしまったの何故wwwwww
    おかげで私のハンドルネームも忘れちゃったじゃないですかwww

    by 名前改め 2019年10月26日 22:26

down コメントを残す




関連記事

書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。