パチ屋店長のお客様応援隊

古物営業法改正とパチンコ店

calendar

スポンサーリンク

直接は関係ありません。

10月の事ですが、古物営業法が改正され施行されています。パチンコ店は古物営業ではありませんので、この改正で影響を受ける事はありません。

では何で関係ない事を書くの?という事ですが、組合からFAXが来たわけですよ。

古物営業法が改正されたからうんたらかんたらと。頭が悪い私にはその内容が理解不能だったわけです。一体何が言いたいのか?よく分らなかったのですが、私もサラリーマンなわけで「すいません。組合のFAX意味がわかりませんww」なんて会社に言えないわけですよ。

案の定、社長から「組合のFAXの説明してくれ」って会議で言われた訳ですが聞こえないフリしてたら上司が答えてたので助かりました。まあ上司の説明が内容全然違ってたので、それはそれでまた問題なんですけどね。

意味が分からんままだとクビになるので調べて会社に報告して問題は解決しましたが、ネタも無いので書いとこうかなと思います。

古物営業法改正でパチンコ店に影響が出るとするなら1つだけ。

今回の改正で1つだけ全くの無関係では無い事があります。その改正内容は

営業制限の見直し

になります。

今まで買取った古物を受取れる場所は「営業所かお客さんの家」だけでした。デパートの催事とかフリマとかのイベント会場では買取って受取る事は禁止されていたわけですね。

改正により、これが事前に届出を出せばOKになりました。

となると、イベント大好きなパチンコ店は

そうだ!買取業者を呼んで駐車上でイベントをやろう!

と考えるパチンコ店や、古物業者が出てくる可能性がありますってか出たそうです。

そこで組合のFAXが登場したわけで、組合の見解は「駐車場で古物営業者が催事などを行う場合は、そのスペースを営業面積から引く手続きが必要」との事。

営業面積を変更する場合は変更届をパチンコ店が警察に提出する必要があり、まあ一言で言えば

スーパーめんどくさい

わけです。

なので、まあ実質やるパチンコ店はないだろうなって話です。

ちなみに、営業面積という言葉は慣例的に業界と所轄などでは使用しますのでそこはつっ込まないで下さい。

まとめ

地域の警察の判断でコロコロ変わります。あらかじめご了承下さい。

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。