パチ屋店長のお客様応援隊

止め打ちの最後

calendar

スポンサーリンク

書くこと忘れた・・・

前回までは

止め打ちは正義なのか悪なのか?

止め打ちはどうのこうの その2

をご覧下さい。大体の話の流れが見える・・・はず・・・

パチンコ店が止め打ちを嫌う理由を書いてきましたが、その他の事も少し書いてまとめたいと思います。

もう1度、前回の表をご覧下さい。

台番アウトスタート入賞S回転数/千円
6,0005.46.020.5回
4,5005.76.020.8回
3,0006.06.021.1回

前回はこの表で「技術を駆使したお客さん」と「技術を使わないお客さん」では差が生まれる事をパチンコ店が嫌うという事を書きました。

その他にも理由があったりします。上記の表を1時間の稼動として考えると、1分間に100発打てるパチンコでは、1番台はフル稼働という事になります。(厳密には違いますが)

ところが2番台・3番台は稼動が下がります。止め打ちをしているからですね。2番台は置いといて、3番台になれば1番台の半分の稼動です。

これで売上が下がるというのは特に問題にはなりません。

要は、稼動が下がるのが嫌だったりします。

パチンコ店の3大評価数値は「稼動」「売上」「粗利」となります。会社によってどれを1番にするかは様々ですが、一時期の京楽さんのように「稼動命」という会社もあります。売上・粗利が予定より下回っていても稼動が上がっていればOKOKベリーOKって感じです。

実際によく粗利をショートする私でも稼動が上がっていたおかげで首の皮が切れずにすんでたりします。

それくらいパチンコ店によって稼動というのは大切だったりします。

その稼動が下がるとなると、技術介入なんだけどちょっと嫌だなーと思うお店もあると思います。現に私も0個保留の止め打ちは「お客さん、さすがに0個は勘弁して下さい」ってお願いしに行きます。

メーカーさんもその辺は分かっていると思うので、各保留での停止秒数やリーチの頻度などで、保留0個みたいな極端な止め打ちは試行回数の低下で結果的には期待値が下がるという機種もあったりしますけどね。

まとめ

止め打ちが正義か悪か?と言われれば違法ではないので正義です。多分。

個人的には技術介入ってお客さんの楽しみの1つだと思うわけです。スロットでも同じだったりします。(ドツキとかは技術介入じゃないですよ。)

その楽しみを理由無く禁止するという状況が当たり前のようになるのであれば、パチンコは新規則機になっても盛り上がらないと思うんですけどね。

まあ、私の予想はハズレるで有名なんですけどね。

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

  • Σ( ̄ロ ̄lll)
    久々に来てみたら1ヶ月以上前に何やら更新されていた!!
    まさにゲリラブログ!

    とりあえず生きてて良かった(笑)

    by 昔パチンカー 2018年10月6日 01:58

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。