パチ屋店長のお客様応援隊

【どうでもいい話】粗利マイナスで挑んだ月末の会議をどのようにして切り抜けたか?

calendar

スポンサーリンク

人間、諦めが肝心です。

前の記事で粗利がマイナス800万円で立場が危ういという記事を書いたわけですが、まあ結局マイナスで月末を迎えたわけです。

まあ800万ともなると、もはや挽回の余地が無いので諦めるしかないです。というわけで結局マイナス700万で終わった10月でした。

このように大幅に粗利をマイナスした時の私の切り抜け方を書いてみましょう。

全国の良い子の店長さん達は、決してマネをしないようにして下さいね。

絶望感を漂わせる

とりあえずは、この世の終り世紀末を迎えたような絶望感を漂わせながら会議に出席するわけです。もちろん諦めているので、会議への車中は歌を熱唱しているわけですが、車を停めた瞬間から戦いは始まってます。

駐車場のカメラをチェックされているかもしれないわけで、車を停めて降りた瞬間から絶望感のオーラを放ちながら会議へ向かいます。

全力で話題を変える

成績などの説明をしなければならないのですが、粗利がマイナスだというのは資料を見れば分かります。なので極力資料に書いてある事は説明から省くわけです。

もちろん冒頭で粗利がマイナスだという話はしますし、それに対して反省の弁も述べるわけですが、時間にしたら30秒程度で切り上げます。

そしてそこから、資料には書いてない先の話を全力でするわけです。

私は今回、10月がどうだったか?という説明はほとんどせず、いかに11月と12月を切り抜けるか?という話を切り出し、全力で話題を変えるわけです。

おまけに、業界ネタをぶち込みながら話題の舵を切りまくるわけですが、ここで注意が必要なのは、必要以上に業界ネタはぶち込まないことです。

パチ業界の上司は部下を完全に見下す世界です。ケンシロウとジャギに似ているわけです。業界ネタが上司より詳しいと思われるのは逆効果です。

「何でおまえ如きがそんな事をしってるんだ?」という反感をくらうので良い事がありません。なので業界ネタはあくまで業界誌に記載されている程度しか話しません。

あとは誰にも口を挟ませないマシンガンさが必要なわけですが、そこは私の18番なので問題なかったわけです。

現に、途中でエヴァ11が12月頭に出ると間違って説明したわけですが、その時同僚の店長達は「????・・・12月後半・・・」なんて顔をしたり、今にも口に出そうとするわけですが、私の気迫溢れるマシンガントークに黙るしかないわけです。

結局は、どさくさにまぎれる。

絶望感溢れる顔と態度で、ダラダラと話題をコロコロ変えながら長時間話すので、みんな最後には何を言いたいのか、何を言ってたのか分からなくなるわけです。

喋ってる私でさえ何言ってるか分らないですからね。

そして結局「まあ11月12月は頑張らないとな」で終わるわけです。何を突っ込めばいいか分からなくなったのでしょう。

ここまで読んだ皆様、今まさに「ちょっと何言ってるのか良く分らない」と思ってませんか?

私も全然わかりません。

 

ま、まあそういうことですw

 

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

  • 会議お疲れ様でした。

    私も業界は違えど店長の端くれですが、業績悪いときの会議は辛いですね。まぁ言い訳に終始すると確実に被弾するので潔さが肝心かと思いますね。原因なんて連々重ねても「わかってるならなんでもっと早くやらないの?」ですからね。潔さと先の見通しとすでに動いてます!これに限ります。

    by 噛まんべーる 2016年11月1日 17:56

    • ありがとうございます。何とかなりました笑。

      いやーほんと辛いですよね。今の会社は割かし優しい方なのですが、コンサルの時は「泥棒」扱いされてました笑。
      そうなんですよね。会議はいい訳に終始する事が多く、この先どうするのか?という対策を言わない人が多いんですよね。
      結果をあーだこーだ言っても結果は変わらないので、これからどうするのか?何を準備してるか?という事をダラダラ舵を切りまくって話すと意外と乗り切れます笑。

      by おかず 2016年11月2日 20:24

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。