パチ屋店長のお客様応援隊

パチ屋は会員情報をどのように活用してるのか?

calendar

スポンサーリンク

正直、活用してない店の方が多いと思います。

全然関係ない話なんですが、この前友達に言われたんですよね。

jxnsj_5k

というわけで、

すいませんでした。作れない理由があったから219という事です。いやーお恥ずかしい。

こっから本題に戻ります。

パチ屋の会員カードといえば貯玉・メダル以外は特典が全然なくなりましたよね。

昔の話をしても仕方ないですが、昔は会員特典があり「優先入場」や「会員限定景品」とか結構あったんですけどね。お上がダメっていうので無くなりましたけど。

この会員カードを作る際にはお店によって若干の違いはありますが、入会申込書に

「住所」「氏名」「暗証番号」「生年月日」「電話番号」「性別」「アドレス」「職業」「DMの有無」

などを記入するわけです。

これ、全部記入しないといけないの?と思いますが、お店によります。全部必須なお店もあれば一部は任意でOKというお店もあります。

ただ、どこのお店でも「住所」「氏名」「生年月日」「暗証番号」は必須だと思います。

なので、会員になったお客さんはパチ屋にこれらの情報を保管・管理されている事になります。

個人情報たっぷりのこの会員情報ですが、パチ屋は意外と厳重に管理してるお店が多いのでその辺は安心してもいいかもしれません。

会員情報の活用は難しい

さて、この会員情報をパチ屋はどの様に活用しているか?という事ですが、会員情報を活用しているパチ屋は

意外と少ない

でしょうね。

うちはちゃんと活用しているぞ!というパチ屋もあるとは思いますが、それでもやっぱり少ないでしょう。

会員情報で活用できる情報は「住所」「年齢」くらいなわけです。「氏名」を活用して「うん!うちの店は田中さんが多いな!」なんて知った所で役にも立ちませんからね。

なので、活用するとすれば年齢層と住所分布くらいになります。住所分布で来店する会員の範囲を知ったりすれば、新聞チラシなどの目安にしたり、競合店の判断をしたりという活用はできたりはします。

ただ正直いえば、あまり使えない情報だったりするんですよね。なので活用しているぞ!というパチ屋があればぜひレクチャーして欲しいもんです。

どちらかといえば、会員情報を活用するというよりは、貯玉・メダルの推移を見たり、貯玉・メダルの多い人の動向を見たりする事の方が多いでしょうね。

 

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

  • さっそく記事ありがとうございます!

    そういえば会員特典への規制が入ったということは記憶していたのですが、都内だと優先入場やポイントによる景品などまだやっているところはありますね。
    来店ポイントに関して5、6年ほど前まではサンドへ野口さん等入れるたびにたまっていたものが、1日1ポイントに変わってはいるとは思いますが、それくらいの規制だったのかなという印象ですね。
    これも地域差なんでしょうかね?

    (あと追い討ちになるかもしれませんが、)利益マイナスの件はなんとかなったんですね!
    ひとまず無事(?)に終わって良かったです!

    by そんさく 2016年10月28日 18:17

    • 内容があんな感じですいませんでした。いろいろ書いてたのですが、後半話が脱線したような記事だったので、とりあえずはあのような記事になってます。また続き書けるときに書きますね。

      優先入場やってるお店ってまだあるんですね。優先入場は会員と非会員を平等に扱ってないという事などで禁止されたのですが、地域差があるみたいですね。私の地域では優先入場やろうもんなら即処分ですよ笑。
      あ!そういえばポイントありましたね!忘れてました笑。
      仰るとおり、数年前までは使った分(千円とか)で1ポイントとか、再プレイ千円分で1ポイントとか、今日はポイント3倍とかありました。今はお上の規制で来店ポイントのみ許されてる感じです。これは全国一律の規制ですね。

      おかげさまで許してもらえました笑。
      正確に言えば、系列のお店もマイナスだったので、うやむやにして終わった感じです。笑

      by おかず 2016年10月28日 18:31

  • 更新されているから、ご無事でよかったですね!って書こうとしたら既に書かれていた(笑)

    他の店長のサイトでも、会員カードの使い道について書かれていたけど、大体同じ内容でした。

    ところでパチ屋さんって、会員カードを作る際に必ず免許とか証明書が必要ですよね。
    スーパーや家電量販店では必要無いのに。
    あれは何故なのでしょうか?

    貯玉も債権というなら、スーパーどのポイントも貯玉のはず。勿論再発行の時に免許を見せて下さいと言われるならわかるのですが。

    私は【景品はご自宅に】派なので会員カードは作らない派です。パチ屋さんにとってはいい客だ(笑)

    by とも 2016年10月28日 20:00

    • ありがとうございます!なんとか無事です笑

      身分証は確かに必要ですね。あれの理由は「18歳未満じゃないか確認する」という事と、「1人で何枚も作る」のを防ぐというのが理由だったりします。確かに普通のポイントカードとかは簡単に作れますよね。
      最近は「顔写真付きの身分証」じゃないと駄目というお店も増えてきたので、そういう点ではやはり1人で何枚も作るのを防ぐという感じです。
      あとは最近はグラオの整理券配布時に、整理券配布の条件として会員入会というお店も多いです。そういう場合も1人複数枚整理券を取られるのを防ぐために、入会時に顔写真付きの身分証の提示が必要なお店はあります。
      仕方ないのかもしれないのですが、個人的には「一部のモラルの無いお客の対策のために、大多数のお客さんがめんどくさい思いをする」というのが違和感なんですよね。
      なんか画期的なシステムとか開発されればいいなーとか思います。

      by おかず 2016年10月29日 01:47

  • 貯玉した方が得と判っていても端数置き場になっていますw
    好きな台の傾向とかも出るんでしょうか?
    私の場合気分と懐事情でレートもパチもスロもスペックもバラバラなので傾向無し養分に分類されそうですがw

    by シビ 2016年10月28日 23:37

    • 私も手元に現金が欲しいタイプなので、大勝しても結局貯玉しないんですよねw。
      好きな台の傾向も出ないシステムがほとんどです。カードを利用して遊戯すれば、何番台を打ってたか?という履歴は残りますが、それと機種名を紐付けるシステムではないので、分らないですね。
      ただ、会員カードを挿入してから遊技するお客さんは、幾ら使ってるかも記録されるので、勝敗金額というのは出ます。ただ、あくまで最初から最後まで会員カードを利用する人限定なので、あまり役にはたたないですね。

      by おかず 2016年10月29日 01:52

  • 会員カードシステムが発足した頃から最大5店舗ほどのカードを作ってた頃があったのですが、2002年頃、ある1店舗が閉店することになり、お店の方から残玉交換促進のDMがきました。

    その時都合悪く、営業閉店から1週間後くらいに行ったのですが、当然営業をしてないので特殊賞品の交換はなく、一般賞品の交換になるですが、これがまた残り品なので酷い品しか残ってないわけです。結局ちょこっとだけよさげな品を変えて、多分400玉(4円時代)くらいは放棄した思い出があります。

    なので、あの日以来貯玉はおろか会員入会すらしなくなりました。近年年に5~6回程度しかお店に行かなくなったのは、そういった要因も個人的にあるようです。

    因みにあの頃は、お店によって解放期・回収期・遊ばせ期がお店によってわかりやすいころでもあり、その周期を把握して通っていたように思います。

    by ニューマン 2016年10月29日 09:47

    • 2000年前後の当時は平気で告知も無しに閉店するお店が多かった時期ですからね。告知もして閉店後も交換してくれるのはある意味親切な店かもしれませんが、お客さんの立場だと交換するのが酷い物だとやりきれないですよね。
      会員カードの利用率は各台計数機普及と共に上がるか?と言われてましたが、実際は全然上がらないんですよね。やっぱり会員のメリットが時代に取り残されてるんだと思います。
      会員カード提示で近隣の飲食などが割引とかもちょっと昔流行ましたが、実際に提示してる人が少ないのと、パチ屋と提携しても大してお客さん増えないという点から、最近は断るお店が多いんですよね。

      そうです、そうです。基本的には1月・5月・8月・12月は回収、2月・6月・10月・11月は粗利少なく、その他は普通みたいな感じで予定を組むのが普通だったんですが、近年の入替の多さと機械代の高さなどで、そういう風に予定を組めないパチ屋が増えているんですよね。そういうパチ屋は基本的に毎月全力回収ですね。
      どうしても入替をしないと負けてしまうという状況から機械を無理に買ったりするわけですが、その際に手形を切ったりするわけです。業界では機械代の手形は5枚までと決まっているのですが(メーカー以外の販社は別です)、毎月買う機械全部を手形5枚切ってると、1ヵ月ごとき機械代を下げたところで、手形の支払いは来るので粗利は下げれないという実情もあったりします。
      このへんは経営の手腕になるので、私みたいな店長がどうこういう事ではないんですけどね。

      by おかず 2016年10月30日 03:06

  •  最近こそ余り取り沙汰されなくなりましたが、あの頃では大阪は、「5」「10」の倍数日を『ごとび』と称して、ごと日は『集金日』『給料日』に設定されていたので。ほんと府内あっちこっちで渋滞が発生したもんです。

     この給料日ってのが、私の住む大阪東部では、町工場や下請けが多いので、こういった会社では、給料日が5日(月末集金後分)になるわけです。そうすると台入れ替え期は別として、5日以降はあまり近所では遊ばない

     また、大阪市内の店は25日支給が普通だったので、25日以降は行かない。
     そして、大阪北部方面はベッドタウン的要素もあり、上記2エリアの行かない日に行ってました。

     つまり5店舗のカードと使用時期は

     月初~4日 大阪東部2店
     5日~15日 大阪北部
     16日~24日大阪市中心部2店
     25日~月末 大阪東部2店

    ざっくりとですが、このように決め打ちで開店から並んでいました。
    今にして思えば熱心なものです(笑)
     

    by ニューマン 2016年10月30日 12:08

    • そういう日は地域ごとにありますね。最近でも工場密集地域などは、その向上のカレンダーで営業の内容を変えたりします。
      一昔前は、いわゆる消費者金融の締め日となっている月末月初で数字が跳ね上がったりする事はありました。1万円返済しても利息を引いた金額はまた借りることができるという有名な方法で私もよく使いました笑。
      今は消費者金融規制で影響はほぼなくなりました。変わって言われるのは年金日ですね。偶数月の15日を境に売上(特に低玉)は跳ね上がったりしますね。

      by おかず 2016年11月2日 20:12

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。