おかずのチラ裏

パチンコ店店長のチラ裏です。

パチンコ店のちょっとした闇の側面

calendar

reload

パチンコ店のちょっとした闇の側面

スポンサーリンク

パチ屋の目に触れない所の闇という感じでしょうか。

パチンコ屋の闇といえば、遠隔だのゴトだの脱税だのという感じなのですが、もう少し現実的に起こっている闇みたいな事があったりします。んであまり話題になりません。

パチ屋の目に触れない所で起こる事が多いので、基本的にパチ屋が把握してないだけだと思いますが、今日はネタも無いのでそういう部分について簡単に少し書いてみます。

薬物

これは取引場所になっているケースと、トイレなどで使われるケースがあります。トイレなどで使用されるケースは都心では多いと聞きますが、私は経験がありません。

ただ、昔はトイレでのシンナーの使用は多かったです。

そして意外と多いのが取引場所となっている場合です。

トイレで使用されるケースはお店が把握するのですが、取引場所に使用される場合はお店は把握できないので、摘発後に実は取引場所に使用されてた事が発覚する場合が多いです。

駐車場が薬物取引の場所にされていたというのは、パチ屋に限った事ではないのですが、これが困る理由としては上記にも書いたように「摘発後に警察から知らされる」わけです。

摘発後に警察から知らされるというか、カメラなどの証拠の提出を求められるわけですが、厄介なのが「運悪いと報道された後」という事です。

お店は自分の駐車場で犯罪があった事を把握していないので、対処することができずニュースなどで駐車場を映され「取引が行なわれた場所」というテロップ付きで放送されたりします。

最近は警備員を巡回させるので減ったように思います。

売春

漫画やネットでよく見るのは、パチンコで負けた主婦が勝っているお客さんに売春を持ちかけるという物ですが、私は見た事も聞いた事もありません。店内でやれば噂くらいは耳にするはずですが噂も聴いたこと無いです。

ただ、こんな事を人にいう訳もないので、もしかするとお店が把握できないだけなのかもしれません。

お客同士でも売春は上記にも書いたように聞いた事も見た事もないわけですが、経験上だと「主婦が役職を誘う」というのは結構ありました。20代後半~30代後半と幅が広いですが。

役職者を誘って肉体関係を持ち、設定などを漏洩させる手口は昔は多かったと思います。実際に私の部下も引っかかってましたが、すぐに発覚したわけです。

お客さん同士での売春はネットではよく見たりするので、お店の知らない所で今も行なわれているのかもしれませんね。

自殺

パチンコ屋の都市伝説的な代表格の一つがこの自殺。

あそこの店はトイレでお客が首を吊ったとか、飛び降りたとか、まあいろいろ話しに出てくるわけですが、実際のところはどうなのでしょうか。

私の知る限りですが、パチ屋での自殺は実際にあります。

全国的にどれくらい?というのはさすがに分かりませんが、ここ10年間で私の近隣で2件発生してます。まあたまたまかもしれませんけどね。

2件とも飛び降り自殺だったのですが、2件とも報道されませんでした。

ただ、2件とも営業中だったので一部のお客様の目に触れることになり、噂自体は未だに残ってます。

また、パチ屋での自殺で意外と多い特徴があります。

それは、「お客さんじゃない」という事。

お客さんでも何でもない自殺願望者が、飛び降り自殺の場所に高い建物のパチ屋を選ぶという事があります。なので、パチ屋で負けて借金苦で飛び降りるというのは意外と少ないのかもしれません。

こういう場合は、店と自殺の関係性がないわけで、パチ屋は弁護士に依頼して警察に報道をしないように要請します。店と自殺の関係がない場合はこの要請は通りますので、報道はされません。

ちなみに、パチ屋が他店で自殺があったと聞いた場合は、同業としてあまりにも同情するので、言いふらす事はないですね。

総連と民団

これは闇というわけではないのですが、ご存知のとおりパチ屋経営者の6割7割が在日朝鮮人なわけです。

テポドンのために送金を・・なんてネタではなく、ちょっと現実的な事があったりします。

それは、両団体ともに、総連離れ、民団離れが非常に多く、組織の規模が縮小しているという事です。

そもそも今は在日2世・3世が多く、祖国に愛着がある人も減ってきたわけです。わが社の社長の息子も韓国にはなんの愛着もなく、日本人という感覚が強いわけです。

そうした背景の中、帰化する人が非常に多くなり、そもそも最初から総連や民団に関わってない若い世代は、帰化した後は一切絡むわけもなく、組織として規模が非常に縮小しているわけですね。

それを防ごうと両団体とも必死で、定期的にパチ屋に出向いて関係が切れないように必死ですが、パチ屋は非常に嫌がっているという実情があります。

パチ屋の総連・民団離れは今後も加速していくでしょうね。

おまけ

東京でイベント禁止か?という情報がありましたが、来店イベントだけ厳しくなるわけじゃありません。

東京は今後かなり厳しくなる様子で、例えば壊れた状態で稼動していた場合も処分の対象になる恐れが出てきました。

例えば、ハンドルが固くて左に戻らないとか、ハンドルに異物を入れられて回りが悪い、などなかなか店では気が付きにくい故障一歩手前状態だった場合、それを検定状態と異なる無承認状態とみなす事になる動きがあります。

今後はイベント・広告に加えて、台の状態のチェックも厳しくなるのかな?と思います。

撤去リスト対象機の期限である年末までに、撤去しないお店に対しての日工組の対応が非常にあいまいになってます。

ネットなどでは、「撤去しない法人には機械を売らない」という方向ですが、現実的にはこれはただの脅しになりそうです。

三重県でそれを見越して、ある法人が県警に「1月13日まで機械を使わせろ」と要請した結果、県警から「撤去問題は警察の所管ではない」という返答からこれを「警察は黙認する。撤去しなくても警察は動かない」という解釈になり、今週から一気に噂が広がりました。

ただ、これに関しては県警に要請した三重県の組合が火消しに走り、5日に書面で「1月13日まで使っていいわけではなく、年末で撤去するように」という通達が出ておわりました。

まあ、県警に要請したのも、文章で火消しに走ったのも、三遊協の理事長である「キン○観光」なんですけどねw

今回はちょっと長々書きましたが、こんな感じです。

この記事をシェアする

コメント

  • 古い話しで恐縮ですが、私がよくお店に通っていた頃の話しですと、
    先ず、薬物がらみのような客はいましたが、実際の現場に出くわしたことは、ありません。

    ただ、食事札を立てて外に出た時に、隣台に座っていた人も出てきて、いきなり注射を始めたので、けげんそうに見ていると、『あ~すんまへんこれインスリンでんねん』と言われたことが、あります。w

    また、その頃、今は大手Mに代替わりしましたが、あの頃玉箱を積み上げている客を目掛けて、何やら怪しいおばちゃんが来て、『その二箱でおそべるよ』と言い寄ってくる人がいました。その時店長に『あのおばはんなんやねん?』と聞いたら、どうもそれらしい斡旋人なんやけど、特に店には危害を与える事でもなく、その措置に苦慮しておりました。大阪は泉州地域の店でした。(現在は分かりません)

    自殺する人は、兎に角高い建物を目指すようで、私の向かえのマンションもこの30年の間に10人の人が自殺しておりますが、そのうち9人が非居住者です。おかずさんのコメントの通りだと思います。

    by ニューマン 2016年10月7日 16:25

    • 薬物をやってる人の見分け方っていうのは昔マニュアルみたいなのがありました笑。こういう客と揉めた時は深入りせずに、速やかに警察を呼べという感じでしたが、今思えば結構いたなーと思いますw。

      売春みたいなのは記事通りなのですが、昔は低価だったので玉の売買はよくありましたね。売るお客は換金するより儲かり、買うお客も貸し玉よりお得という事で取り締まりにかなり苦労した思い出があります。あの時は今の30倍くらいお客さんを監視してました笑。

      by おかず 2016年10月7日 18:21

  • そう言えば、昔はトイレのとことか通路の壁とかに『お約束事項』とかよく張り出していましたね。

    「客同士間の玉のやりとり」
    「客同士間の玉の売買」
    「玉の店外持ち出し禁止」

    とか、最近は気にしてないのか気付いてないのか今でもあるんでしょうかね?

    by ニューマン 2016年10月21日 13:00

    • ありましたねー。私も若い時は貼り付けてました。笑
      最近は高価交換・無制限が主流なので、ほとんど無くなりました。なので今の若い店長さん達は知らないと思います。
      逆に今は「店内での金銭の受け渡し禁止」とか多いですね。軍団対策などで。

      by おかず 2016年10月23日 04:06

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

吹けば飛ぶようなその辺の石ころ店長です。大した事は書きません。タイトル通り、チラ裏レベルの暇つぶしです。