パチ屋店長のお客様応援隊

北斗修羅は欲しいけど、ブラッド+は欲しくないという苦悩。

calendar

スポンサーリンク

まあサミーさんったら強気なのね。

盆明けというか、秋のスロット目玉機種といえば既に情報もチラチラ出てる

北斗の拳修羅の国

なわけですが、既にメーカーとの綱引きは始まってる訳です。

メーカーさんは最近大手優遇をかなり強めてる傾向があり、この北斗も多分そうなるでしょう。そうなれば私みたいな吹けば飛ぶようなパチ屋は、蝿のように手をこすりながら買うもの買わないと割り当てが貰えないわけです。

ちなみに「抱き合わせなんて買わなきゃいいじゃん!」という意見もあると思います。その通りです。私も昔は「買わないと入らないとか、やれるもんならやってみろ!」と血気盛んに買わなかったもんです。結果買えませんでしたww

メーカーにもよりますが、なんだかんだで入れてくれるメーカーもありますが、ガチで売ってくれないメーカーもあります。F社とか代表格ですね。

結果的に売ってくれない機械がコケれば問題ないのですが、メーカーさんもコケる機械は縛らないので結果的に入らないと営業に困るわけです。

最近は落ち着いてきましたが、一昨年から去年なんて「抱き合わせを買うための抱き合わせ」という状態に一部のメーカーさんはなってましたからね。あれはまさに世紀末でした。凄いですよねーさすがSさんとHさんです。

愚痴はこれくらいにしといて・・・

さて本題ですが、北斗修羅は何台作るかよく分かりません。8万台という噂もあれば、5万台という噂もあります。

ブラッド+が2万5千台という事と、あちこちのホールが「ブラッド1対北斗2」と言われてる事から5万台という数字が導き出されますが、嫌でも売れるコンテンツを理由もないのに台数抑える会社でもないので、8万台なのかもしれません。

何でもほんとは10万台クラスで作りたかったけど、液晶が足りるとか足りないとかで8万台しか作れないっぽいなんて噂もありますがあくまで噂です。

そもそもブラッド+なんて2万5千も売れないだろ!という話ですが、そこはもうガッツリ狙いが丸見えな訳です。北斗修羅が控えてるからこその2万5千台です。

仮にブラッド2万5千に対して、北斗修羅8万であれば「ブラッド1対北斗修羅3」になる訳ですが、やっぱり何回聞いても「1対2」な訳です。残りの3万はどこいったんだ?となりますが、きっと大手に振り分ける分なのでしょう。あくまで多分ですけどね。

まあ私の地域の話で、こういうのは地域によって変わります。なので関東と関西で条件が違うというのも日常茶飯事に起こります。なのでもしかすると今回は抱き合わせの成績が良かったどっかの地域が優遇されているのかもしれないですね。まあ想像ですけど。

パチンコの蒼天の拳で今回ガリガリ削られたお店は多いと思います。まあそういうことです。

上記のような事を考えながら、ブラッド+の台数を決めなければならないのが、私みたいな凡人店長の苦悩な訳です。

まあ一つだけ希望の光は、ブラッド+の案件入れる前に北斗修羅を打てるみたいなので、いつもはダラダラ試しうちするのですが、今回は気合を入れて長時間打ちたいと思いますww。

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。