パチ屋店長のお客様応援隊

パチ屋の稼動マジックとは、どういう事なのか?

calendar

スポンサーリンク

私もマジック使いたいです!

パチ屋ではこの稼動マジックという現象が起こります。業界的にはあまり使わない言葉ですが、ネットなどでは広く使われてる言葉です。

この稼動マジックとはどういう事なのか?という事を少し書いてみたいと思います。

パチンコ屋も最近装飾とかやってるお店が多いですよね。でも業界的には「一番の装飾はお客さんの人数」と言われるくらい、お客さんが多いという状況はメリットがたくさんあります。

単純に言えば、「お客さんがたくさんいる=店の人気がある=出てるから人気がある=出てる様に見える」 という現象です。

お客さんが出てるか出てないかを判断する材料は、「自分が勝ったか負けたか」だけじゃなく、意外と店内の「見た目」で判断したりします。データランプやデータ公開などの情報で判断する人は実は意外と少数で、大半の人は「見た目」で判断します。これはパチンコは顕著に現れたりします。

パチ屋はこの見た目で判断するという事を理解しているので、玉積みを重視し各台計数機を導入しない又は一部にしか導入しないというお店も多い一因にもなっています。低玉や甘デジ・海などを各台計数機に、魔戒などのメイン機・MAX機などは玉積みという手法ですね。

お客さんが多いと出てるように見えるのは何故か?

単純に満台という印象もあるのですが、出玉を全員持っているという風に見えたりもします。そうなると、綺麗に全員持ち玉を持てるなんて不思議だなーと思うかもしれませんね。

という事でちょっと例を上げて簡単に計算してみましょう。

例えばCR北斗無双を20台導入したA店とB店があったとします。

A店は人気店です。もちろん北斗無双は満席です。だけど利益は20%取ります。

B店はあまり人気がありません。北斗無双は半分しか埋まりません。人気出すために利益は10%しか取りません。

このA店とB店ですが、利益率で比べればB店の方が「出している」という事になります。もうちょっと計算してみましょう。

細かい条件は省いて、満席のA店は稼動50,000個、B店は半分なので25,000個となります。北斗無双の玉単価を1.6円と仮定した場合、

A店の台売りは80,000円となり20台で160万円の売上があります。

B店の台売りは40,000円となり20台で80万円の売上があります。

これに利益率を加味すれば

A店は売上160万円・利益は32万円となります。

B店は売上80万円・利益は8万円となります。

やはりこの時点でもB店の方が利益が少なく優良なのでは?という印象です。

ただこれは数字上の話でお客さんがこの数字を見ることはできません。

ではお客さんの目にはA店とB店はどのように映るのでしょうか?実際に出玉に直してみましょう。

A店は160万円から利益32万円を引いた128万円分の玉を出す事ができます。128万÷4=320,000発の出玉となり、平均すれば320,000発÷20台=1台当り16,000発の出玉を出せるという事です。

B店は80万円から利益8万円を引いた72万円分の玉を出す事ができます。72万÷4=180,000発となり、平均すれば180,000発÷20台=1台当り9,000発の出玉を出せるという事です。

お客さんはこの16,000発と9,000発を見た目で判断するわけですね。

上記にも書きましたが、もちろんお客さんは入れ替わり立ち代りなので、単純にこのような計算とはなりませんが、この2つの店の出玉の見た目で比べた場合は利益を取ってるA店の方が出ているように見えるという事になります。

ただB店は半分しか座らないから、9,000発じゃなくて18000発じゃね?って思ったかもしれませんが、そこまで細かくするとそれ以外も細かくなるので置いといて欲しいですが、言ってしまえば半分しか座ってない店で18000発を持ってるより、満台で全台16,000発を持ってる店の方が出てるように見えます。

これは単純な例ですが、確かなのは稼動が高いお店の方が出ている様に見えるという訳です。これを稼動マジックと言ったりします。

出しているという認識が店とお客さんで乖離する。

お客さんは上記のように出ているかどうかの判断は「見た目」です。でもパチ屋はどうでしょう?実はパチ屋が出ているかどうかを「見た目」で判断するお店は少なかったりします。

パチ屋はホールコンピューターで売上などを管理しています。これには売上の他にスタートなどの情報、割数やもちろん利益も出てきます。

大体のパチ屋はこの「割数」で出てるかどうかを判断したりします。

割数とは単純に売上に対してどれくらい玉を出してるか?という指標です。売上100万円で割数が8割なら、80万円分の出玉を出して20万円利益を取っているという事です(等価で)

パチ屋の店長はこの割数を見て、「今日は出てるなー」とか言ったりします。

玉積みに拘って各台計数機とか一部しか導入しないくせに、割数で判断する店が多いんですよね。

でもそれは実は大きな落とし穴で・・・・という感じですが、書くの飽きてきたのでまた次回へと続くという事で今日は終わっちゃいます。ごめんなさい。

↓↓ 良ければお願いします ↓↓

にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 スロットブログへPVアクセスランキング にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。