パチ屋店長のお客様応援隊

2016年のパチ屋業界を大胆予想

calendar

reload

2016年のパチ屋業界を大胆予想

的中率はご想像にお任せします。

新年明けましておめでとうございます。2016年もどうぞよろしくお願いします。

という訳で、年が明けて現在深夜0時!オールナイト営業に行った猛者の方々がそろそろ地獄を迎える時間となってまいりました。どうも今年は去年に比べやや盛り上がってないみたいですね。

さて2016年が始まりましたが今年のパチ業界を大胆にそして適当に予想してみたいと思います。お正月なので信憑性は勘弁して下さい。

まずは釘問題。

2016年も釘問題が主役となるでしょうね。詳細が1月中に通達という何とものんびりした状況は2016年も変わらないでしょうね。数十万台の回収が果たしてすんなり進行するのか?といった感じですが、私的にはすんなり進行しないと思います。

回収時期や機種で結局やるかやらないかはホール次第という結末を迎えそうなのですが、予想が外れることを祈るばかりです。

サミットで入替自粛?

今年は5月にサミットがあります。三重県ですね。過去にもサミットやワールドカップなどで自粛はありましたので、今回も入替自粛があるのでは?とささやかれてます。私的には自粛はあると思いますが、期間は都道府県によってバラバラになると予想してますし、今回は例年に比べれば自粛期間は短いと思います。釘問題の回収があるからですね。

入替自粛には、必ず賛成派と反対派がいますので、どちらがいいかは置いときますが、早く決めてもらいたいものです。

スペック規制が最終へ

パチンコもスロットもスペック規制(自主規制)されてますが、納品ベースで段階が分れてます。過去の記事にも記載してますが、今年はその最終段階へ突入します。

パチンコはベース30以上・1/319・継続率65%までとなり、スロットはATが廃止となります。この最終段階のスペックが出るのはパチンコは5月前後、スロットは7月前後になるのではないでしょうか?

パチンコの現行機種が今年の4月末までしか販売できません。これに回収問題を含めれば、上記のサミットだからといって4月中の自粛というのは考えにくいかなという私の予想です。

自粛は置いといて、2016年の年末へ向けてスペックダウンした機械が多くなってくるのは確実ですね。

パチ屋が結構な勢いで潰れる?

これは毎年言われてますので慣れました。ただ回収の規模・価格などにより、機械代が世紀末を通り越すと耐えられないパチ屋は出てくると思います。耐えたとしても、2017年は消費税が上がります。2016年・2017年はパチ業界にとっていろいろな意味で正念場でしょうね。

メーカーも結構な勢いで無くなる?

メーカーさんも決して楽な経営状態じゃありません。2015年に潰れることは無いだろうと言われていた老舗メーカーが潰れたので、以前から言われていたメーカー再編なんてのは結構現実味をおびてきました。もしかすると今年もどこかのメーカーが・・・なんてのは十分ありえますね。

 

ちょっと大した内容ではなかったですが、予想してみました。

 

 

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。