パチ屋店長のお客様応援隊

出入り禁止はいつ解除されるのか?

calendar

基本的に一生です。

ま、まあ、出入り禁止にされた方って少数だとは思いますが、実際にお店から出入り禁止にされた場合、いつ解除されるのか?という事を書いてみたいと思います。

結論から言えば、上記にも書いてある通り「一生涯」なのですね。もう2度と来ないで下さいという意味ですし、そもそもお店は簡単には出入り禁止にしません。商売なので文句や多少の物品の破損などは折り込み済みです。

それなのに出入禁止をお店から言い渡されたという事は、まあそれそうなりの事をした人という事になります。

お客さんが少ない店から出入禁止を言われても、「こんな店なんて、もうこねーよ!」ってなりますが、お客さんが多い人気店に出入禁止を言われると「すいません。おとなしく打つので出入禁止解除してもらえないですか?」という問い合わせはよくあります。

私の系列店で稼動の高い店は実際に上記のような問い合わせが定期的にあります。でも全部お断りしてますね。

お店の人間が忘れれば、気づかれない=解除??

残念ながら、それそうなりの行為をしてしまったので、なかなか出入禁止を解除してもらうというのは難しいですね。

ただ唯一の希望の光としては、離職率が高いパチ業界ではスタッフや役職がよく変わります。大手になれば頻繫な転勤もあります。転勤や離職の際に行う「引継ぎ作業」の中に、出入禁止者の引継ぎはあまりしないお店の方が多いと思います。

そうなれば、そもそも出入禁止になった人が打ってても、スタッフに気づかれない場合はあります。そういう意味では、店が忘れた=出入禁止解除といえるかもしれません。

私の店ではこの前、長年務めてる役職者が「出入禁止にした人に似ている」という報告がありカメラで確認しましたが、全然思い出せませんでした(笑)

ただ、その役職が詳細に覚えていて「5年くらい前に沖スロを叩き壊して開き直った人です」というので、そういう人達から取る誓約書を確認した所、見事出てきました。誓約書を見たら6年前でしたけどね(笑)

もちろん、そのままその人の所に行って、遊技お断りをしたのですが、その人も「まだ覚えてるの!?」とビックリしてました。「すいません。気が付いちゃったのでしょうがないです」と言って終わりました。

そもそも出入禁止にならないのが1番

パチンコもスロットも勝ち負けが発生するので、お客さんの気持ちは分かるんですが、超えてはいけない一線というのが存在します。出入禁止は「百害ないけど一利もない」のですが、やはり超えてはいけない一線は守って欲しいなというのが正直なところです。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。