パチ屋店長のお客様応援隊

遊技規則改正内容が判明して早速確認した件

calendar

注意:内容はご期待に添えません。

11日からパブリックコメント募集開始という事で、合わせて改正案も判明するという警察庁のイベントにワクワクしながら午前0時を待ってたのですが、0時ピッタリに上がってましたね。さすがお役所です。

気になる方は、「警察庁・パブリックコメント」で検索すれば出てきます。リンクはあえて貼りませんw

さて、今回の規則改正内容も新旧の法律文が記載されており、どの法律の文言が変更になったか分る様になってます。

んで、業界人としては早速目を通すわけです。どれどれ、どうなったんかな?と。

そして目を通した感想は

全然分からん!

の一言です。笑

法律だけ読んでも分らない

まあ、分かっていた事ですが、法律だけ読んでも専門用語だらけなのと、学歴が低い私には理解できないような高貴な文章で意味が分かりません。

業界人なのに専門用語が分らないとか大丈夫?とか思われそうですが、そもそも今回の規則改正で改正された部分は機械の技術的な内容がほとんどだったりします。

なので、メーカーの開発系や、そういう技術的な専門知識を持っている方が見れば、あー今後は大体こうなるんだろうなーってのが何となく分かるのですが、パチ屋自体に必要な知識ではないため読んでも分らない人が多いと思います。

そもそもこの規則改正内容だけじゃ機械作れないですからね。規則改正内容だけ見て「今後のパチンコはこうだ!スロットはこうなる!」っていうのは、ちょっと当てになりませんのでお気をつけ下さい。

分かる分だけ書いてみよう

それでもこんな私でも理解できる内容は少しだけあります。

著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準

役物を連続して作動させるための特別の装置(以下「役物連続作動装置」という。)が設けられている遊技機にあつては、役物が連続して作動する回数が十回を超える性能を有するものその他当該役物連続作動装置の作動により著しく多くの遊技球を獲得することができる性能を有するものであること。

まずはこれ。赤で書いた部分に十回を超えるとあります。ちなみに今までは十六回だったわけです。

要は、最大10ラウンドって事です。

これに伴って、最大払い出し出玉が2400個から1500個へダウンするという事ですね。まあ事前に出てた内容どおりです。

まあこれだけじゃ論じれないので、機械の技術に詳しい方の見解やメーカーの見解を待ちましょう。ってレベルです。

管理者の業務の追加(施行規則第38条)
客がする遊技が過度にわたることがないようにするため、客に対する情報の提供その他必要な措置を講ずることをぱちんこ屋等の管理者の業務として規定する。

これはパチ屋に課せられた新たな法律となりますが、具体的な事は書いてないのであれですが、要はダイナムさんが最近発表した「自己申告プログラム」の様な依存症対策をパチ屋に義務付けるという感じです。まあ遊技には関係ない感じです。

ぱちんこ遊技機への「設定」の導入(遊技機規則別表第2、4)
射幸性の更なる抑制を図るとともに、営業の自由度を高めるため、ぱちんこ遊技機に対し、回胴式遊技機と同様に、大当たり抽選に係る確率の組合せを「設定」として、6種類まで認めることとする。

パチンコにも設定が導入される事になります。6段階までOKなので必ず6段階とは限りません。昔みたいに3段階かもしれませんし、必ず設定を搭載しなければならない訳でもなさそうです。

賞品の価格の最高限度に関する基準の引下げは行わない。

これは当初の規則改正案に含まれてましたが、全日遊連の要望の結果除外されました。よって6,000円にはならず、現行どおり9,600円に消費税のままです。

経過措置
現行基準による認定を受けた遊技機又は検定を受けた型式に属する遊技機(経過措置により、施行日後、現行基準での認定又は検定を受けるものを含む。)について、附則で定める各起算日から3年間は、引き続き営業所への設置を認めることなどを規定する。

まあごちゃごちゃ書いてますが、要は現行の認定機や検定機は即撤去しなくてもいいよ。という事です。ネットで「全撤去」なんて言われてましたが、そういう事にはならないという事で、私のクビもしばらく繋がりそうです。

ただし、いわゆる旧基準機の設置比率はこれとは別問題となります。

これを見る限りは、今後も認定が取れるみたいなので、6号機が出てくるのは当分先になる感じですかね。まあ認定とっても部品出るかどうかは別ですけどね。

ちなみに、みなし機に関しては

いわゆる「みなし機」の取扱いにつきましては、機種毎の調査を行った後に検討を行うとのことでありました。
となってるので、まだ不明です。
長くなったので、今日はこの辺で。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

  • カジノ前と言えど、なかなか規制が厳しいですよね・・・・
    もう昔みたいに、リミット機のみなどにして、パチもスロも1回交換にしちゃえば打ち手の頭は冷えると思うんですけどね
    2万使いました、1万7000円分でました、ここで取り返すために続行するか否かが、依存症の分かれ目というか、のめり込んでいく一歩のような気もします
    要は、3000円で遊べたと思えるか思えないか

    実際問題、出玉共有禁止、各台計数、会員カード必須、でその日のうちに換金できるのではなく、身分証明書で会員情報と身分確認をして、2日後~5日以内のみ換金できるとかした方がよっぽど対策になりそうな気もします
    即金を求めるユーザー、即金だから依存症になるともいえるわけで
    換金に時間がかかる宝くじなんかで、時間さえあれば、お金さえあれば宝くじを買いまくる、なんて人聞いたことないですし

    by たろーまん 2017年7月11日 10:10

    • まあ今回の規則改正は「カジノ関連で依存症対策に対する世論が強くなったから」という理由ですからね。お上的には依存症対策などはしっかりやってます的なアピールをしたいんですよ。パチ・スロの規制をガンガン強めて、射幸的な部分はカジノでやればいいという考えですね。
      最終的には、「カジノはギャンブル・パチ屋は遊技」というの線引きを明確にはっきりさせたいのでしょうね。

      今回の規則改正を見れば、警察庁の依存症に対する考え方は「射幸性を下げる」という結論なんですよね。
      リカバリーサポートの意見は「射幸性は依存症と必ずしも関係ない」という意見は無視された格好なので、単純に警察庁自体は自分達に傷が付かないように規制したというお役所仕事丸出しだった感じです。

      依存症対策はこれが有効という対策が無いのが現状なので、いっそのこと厚生労働省が柱となってJRAやその他公営ギャンブルもパチ屋も全部合わせた対策会みたいな事をした方がいいのになーと思います。

      by おかず 2017年7月12日 01:11

  • ぱちんこにおいては自分はあまり文句は無いんですがねw
    下限つくのはかなりきついというか間延びすることになって
    暇な時間がふえるかもと思いますが^^;

    そういう点ではスロットも同じかもしれないですけど、
    中時間出玉もう一個増やすのやめてorz

    なんだかんだ言っても大丈夫な気がしてきたw(現実逃避)

    それはそうと現在貸出料についてスロットは20円、ぱちんこは4円が上限ですが、
    これを下げるとやはりホールさんはきつくなるんですかね?
    封入機の導入により人件費削減!とは一概には言えないでしょうし
    設備料や維持費が増えるかもやはり難しいのかなぁ^^;

    by そんさく 2017年7月11日 16:17

    • 私もパチンコに関してはあまり落胆はしてない感じです。これでもメーカーの開発の方は知恵を絞ってくれると思っているので、まだ何とかなりそうかな?と。笑
      スロットも内容的には一緒なんですが、最初に見た感想だと6号機でいわゆる現状のAタイプ、ジャグラーとか作れるのかな?というのは心配ですね。
      480枚から300枚になっちゃったんですが、これ2種を使ってない場合の枚数なので、6号機で2種採用した枚数は300枚以下になるわけですよね?そうなると、BIGで230枚くらいのジャグラーになるのかな?とか結構問題だと思うんですよね。まあこれもメーカーの開発の方の知恵で何とかなると思ってます。笑

      現状は低玉の設置比率が平均で40%くらいになっているので、一部の業界人が「いっそ貸玉単価下げた方がいい」と言っているのも事実なわけですが、4円・20円というのは「上限」であって「4円・20円しか選択できない」わけじゃないんですよね。
      なので、個人的な考え方は4円・20円を法律で下げられると非常に困ったりします。選択肢がなくなりますからね。
      なんだかんだでホールの収益の柱は4円・20円になり、現状の低玉貸し市場は機械代の高騰などでビジネスモデルが破綻して、実質は4円・20円の収益があって初めて存在できるという感じです。
      なので、貸玉単価を下げるには強力な規制緩和が必要になるわけですが、これを警察も世論も許すわけがないというのが実情だと思います。
      各台計数にすると人件費が下がるといわれますが、あくまで人件費が下がるのは「そこそこ稼動しているお店が導入した場合」に限られるんですよね。ガラガラの玉積みの店は既にスタッフ削減しているので、各台計数にしても人件費はそんなに変わりません。
      封入式は現状のCRユニットでは使えない仕様になっているはずなので、まあ新たなシステム導入してまで封入式を買うメリットがないんですよね。
      CR機が登場した時は「確変」というお土産がありましたが、今回は無いですからね・・・

      by おかず 2017年7月12日 01:32

  • 旧基準もあと三年おけるのですか?
    凱旋とか絆とか

    by ラッシュ 2017年7月12日 12:46

    • コメントありがとうございます。

      今回の規則改正とは別で、旧基準機の撤去が進んでいるので、残念ながら長くても来年のどこかで撤去になる可能性が高いです。

      by おかず 2017年7月12日 17:23

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。