パチ屋店長のお客様応援隊

メーカー と JASRAC と パチ屋

calendar

ヤマハで思い出した。

というのは嘘で、同僚に教えてもらいました。

最近ちょっと話題になったニュースがありましたよね。

ヤマハがJASRAC提訴へ 教室演奏の著作権料巡り

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を打ち出したのを受け、音楽教室大手のヤマハ音楽振興会(東京・目黒)がJASRACへの支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めたことが16日、分かった。

JASRACは、ピアノなど音楽教室で楽器の練習や指導で楽曲を演奏することは音楽著作権管理での「演奏権」にあたると判断。文化庁への届け出を経て2018年1月から音楽教室の年間受講料の2.5%を徴収する方針を今年2月に明らかにしている。大手が経営する教室から徴収を始めるという。

これに対し、ヤマハ河合楽器製作所などと連携して同月に「音楽教育を守る会」を設立。「音楽教室での練習や指導のための演奏には演奏権は及ばない」との見解を表明していた。

ヤマハは30日に開く「守る会」の総会で約350の会員社に訴訟の原告団への参加を呼びかける。ヤマハ側は「(著作権使用料が)生徒に転嫁されてレッスン料が高くなると生徒が減少する恐れがあり、音楽文化の発展を阻害する」と主張している。

著作権使用料を巡っては、すでにダンス教室やカラオケ教室などから徴収している。JASRACは「大学や専門学校は当面、徴収しない方針」としている。

引用元 日本経済新聞社電子版

まあ何かと賛否が分かれるJASRACさんですが、パチンコもスロットも最近はいわゆる「タイアップ機」がほとんどで、台から流れる音楽は当然著作権があるわけです。

メーカーはJASRACにお金を払っている

当然ながら無断でパチンコ・スロットに音楽を使用しているのではなく、もちろんメーカーは著作権料を支払った上で機械を開発しているわけです。

この時の金額はメーカーじゃないので知らないです。ただ支払って作っているのは事実でこの時点で著作権料の支払いは完了しているわけです。

ところが2年前の2015年3月にJASRACから、ホール団体の「全日遊連」にある通告がありました。

ホールは上映権料を払え

JASRACさんの言い分は、

「メーカーが払っているのは複製権料なので、実際に音楽を流しているパチ屋は上映権料を払ってください。」

メーカーはあくまで複製しているだけなので、機械から音楽が流れるパチ屋は上映権料を払わんかいという内容の通告をしていたわけです。

全日遊連の姿勢としては

「各種著作権などの料金も全て機械代に含まれているという認識だ」

という感じだったわけです。まあ私も同じように思いましたからね。という事で全日遊連はこの問題をメーカーに丸投げしたわけです。そしてメーカーとJASRACとの間で協議が重ねられた結果、

遊技機楽曲再生、JASRACと合意

   

日工組、日電協、一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)との間で、昨年12月1日、パチンコホールに設置する遊技機から再生されるJASRAC管理の音楽の権利関係について合意した。今年1月1日より、合意内容に基づいたJASRAC管理が開始されている。

合意内容によると、楽曲利用の手続きは、遊技機メーカーがホール経営者に代わり、遊技機へのJASRAC管理作品の複製に係る申込み手続きと、使用料の支払いをするというもの。使用料はJASRACの著作物1曲あたり80円が、ホールに設置された遊技機1台に対して発生する。ただし今後3年間は経過措置が設けられ、利用料は2017年50円、2018年60円、2019年70円となっている。

ホールで遊技機から再生される楽曲の使用料の問題については、一昨年4月、JASRAC側が全日遊連の全国理事会で「遊技機メーカーに対し楽曲の複製権について許諾し、それに対する使用料を得ているが、遊技機による音楽再生は上映権に該当し、別途使用料の支払いが必要」「ホールが遊技機を設置し電源を入れて楽曲を流している以上、ホールが上映権の使用料を支払うことが原則である」等と主張。これを受け全日遊連側は、「ホールに設置している遊技機にどのような楽曲が使用されているか判然としない」「遊技機の入替が頻繁に行われている」との理由によりホール個々での利用実態の把握が困難であることから、日工組、日電協に対し、上映等利用に関しても遊技機メーカーで権利処理して欲しいと要請。その後、日工組、日電協がACCSとともにJASRACと進めてきた。

引用元 遊技日本

とこのように合意となりました。

パチンコ・スロットは複製権と上映権の2つの使用料を払っているという事になります。

今回のヤマハさんの件とパチンコ業界の件を一緒にするわけではありません。

ただ、個人的には

ヤマハさんに頑張って戴きたい!

と思う私でした。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

  • 著作権保護は大事ですね、ソフトウェア会社で働いていた事が有るのでそこは同意します。
    ただJASRACの動きって何時も著作権保護よりは因縁付けてカツアゲしてる様にしか思えないっていう。
    音楽教室にしろパチ屋の放映権料にしろ「は?」という感想しか出ません

    by シビ 2017年5月20日 13:38

    • そうですね。特にパチ屋はこういった権利関係はきっちりしないといけないと思います。
      パチ屋はモラルが低いですからね。
      確かにJASRACのニュースなどを見てると「ひどすぎw」と思う事が多いですよね。

      by おかず 2017年5月21日 04:30

  • 職種は全然違いますが私の職場にも似たような件でJASRACから通達があったみたいです。ちょっと前に。なんか著作権保護というより少しでも搾り取れるところを探してる様にしか思えませんけどね。

    by 噛まんべーる 2017年5月20日 23:04

    • パチ屋はモラルが低いので、権利関係は結構いい加減なんですよね。
      JASRACは別としても、パチンコ・スロットの機種のキャラクターなど許諾が取れてない画像とか平気で使ったり、加工が禁止されているのに加工したりと酷かった時代があります。
      最近では、一般賞品(一般景品)の仕入れでお菓子などの通販サイトを覗くと「パチンコ店はお断り」というのが多かったりします。きっとパチ屋に相当な嫌な思いをしたのだと思います。
      他業種は別として、パチ屋は権利関係はキッチリした方が業界のためですよね。

      by おかず 2017年5月21日 04:36

  • 著作権893とも一部で呼ばれるJASRAC(´・ω・`)
    業界的に釘問題とかで色々取り沙汰されてるから、この機に乗じて搾り取ってやろうとでも思ったんですかね?
    著作権保護は当然必要ですが、手当たり次第に「音楽流してんならウチの権利楽曲も含まれてるはずだから、とりあえずカネ払えゴルァ!」という手口はもはや反社会的団体に近いのでは?とJASRAC関連ニュースをみる度に思います。
    そして「権利楽曲はどれですか?」と聞くと「分からない」と言うそうです(´・ω・`)
    ちなみに、JASRACと裁判で争うと大抵JASRAC側が負けていることから、明らかに不当に搾取しようとしてると言えると思います。ヤマハさんには頑張って欲しいものです(´・ω・`)

    by 伸治 2017年5月20日 23:46

    • さすがに、ヤマハさんの音楽教室で音楽流れるから払えというのは、ちょっとどうなんだろうと思うのですが、パチ屋は払って当然だったりしますからね。個々のホールが対応した場合は、払わないホールが多くなるのは目に見えているので、そういう点ではメーカーに丸投げした全日遊連の対応は妥当だったと思います。

      by おかず 2017年5月21日 04:38

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。