パチ屋店長のお客様応援隊

スロットの設定漏洩についてダラダラダラダラ書いてみた。その1

calendar

reload

スロットの設定漏洩についてダラダラダラダラ書いてみた。その1

意外と多いです。

最近、ヤル気が出ないわけです。何もかもw

まあたまーに出る病気なのでそのうち治るのですが、まあほんと何もかもマイナスに感じて仕事辞めたくなります。まあそのうち治るのですがw

前回の記事で多少触れてますが、この業界でゴトの次に被害が多いのが内部不正です。

どの業界でも内部不正というのはあるもので、もちろんパチンコ屋にも内部不正は存在するわけです。

内部不正と言ってもいろいろあるわけですが、とりわけ多いのがこの設定漏洩でしょう。

設定漏洩とは、その名の通りスロットの設定を知る立場の人間が第三者に設定を教えるという事です。

もちろん設定1なんて教えても仕方ないので教える設定は5か6でしょう。

そして教えられた第三者は当たり前のようにその高設定に座って遊技をするわけです。

4号機の時代が被害のピークではないか?と言われるくらい多かったでしょう。お店に「収入増やしませんか?」的な誘いの手紙が来る事も多かったです。

設定漏洩が多い訳

まあ、設定漏洩する人間の人間性が1番の問題なわけですが、原因として考えられる事はいくつかあります。

スロットの扱い

20年ほど前までスロットはいわゆる「おまけ」程度の存在で、設置比率も2割程度だったのが2000年から急激に成長をはじめ、今から10年前の2007年に200万台の設置というピークを迎えています。

もともと店の主役は「パチンコ」という考えが根強く、スロットの設定は部下に任せるというのが主流となっていたお店が多かったわけです。

部下に任せる訳

現在は時代が流れましたが、その名残でスロットの設定を部下に任せるという事は少なくないと思います。また現在多いと予想されるのは、複雑になったゲーム性・天井・恩恵などを店長以上が理解できず、スロットに詳しい部下に任せるというのは多いと思います。

また、「教育」という事でスロットの設定を部下に任せるケースもあります。パチンコ屋は正直いえば簡単な仕事です。毎日毎日ホールで接客のみをさせているとモチベーションが下がるわけです。部下のヤル気を出させるために設定を任せてみるというパターンも多いでしょう。

部下を無条件で信頼しすぎる

この業界だけじゃないかもしれませんが、「自分のお店は大丈夫」と思っているパチ屋は多いでしょう。個人的に1番の原因はこれだと思います。

設定を任せてなくても漏洩する

私は基本的に設定を部下に任せません。パチもスロも調整は全て1人で行ないます。まあ1人で賄える台数という事もありますけどね。

部下に設定を任せて無くても設定は漏洩するものです。

私もそうですが、設定を決めるのは店長でも、設定を操作しに行くのは「部下」になるわけです。店長が設定を決めて店長だけが設定を打つパチ屋は少ないでしょう。

そうなると、設定表を見ながら設定を打つ時に「お!ここ明日6じゃん!」というのは分かるわけです。そしてそれを出来心で第三者に漏洩されてもハッキリ言えば分かりません。

何度も繰り返せば発覚しますが、1度・2度程度又は1ヵ月に数回程度じゃ分らないでしょう。

お恥ずかしながら私も過去に設定漏洩された事はあります。全て捕まえていると言いたい所ですが、もしかすると捕まえてないケースもあったのかもしれません。

設定漏洩があまり表に出ない理由

最近の事例はネットで拡散されてしまった以上公表しなければならないケースですが、この設定漏洩はほぼ公表されません。

お客さんに知られると「マイナスの印象」を与えるからという理由で公表はしないのが基本です。そりゃそうです。恥を晒すようなものですからね。

経営者の姿勢というのもありますが、基本的に設定漏洩は「背任」で告訴するのが一般的です。

この告訴するのをめんどくさがる経営者は多く、解雇にするだけで終わるケースも多いです。

また、経営者によっては怒り狂い、部長やエリア長・店長・その店の役職全員に減給などの責任をとらせるケースも多く、そのため解雇だけして会社には事実を隠蔽するケースもあります。

知らないうちに被害が出ている

設定漏洩ではありませんが、ゴト師が来て受けた被害はその店の役職者が自腹で弁済するというお店もあるくらいです。

ゴトで被害を受けた事を報告すれば、弁済はもちろん評価も下がるのであれば報告する人はいなくなります。

ゴト被害の報告を受けてない会社は「うちのお店はゴトが来ない」と勘違いして、ゴト対策に予算を出す事もなくなります。こうして知らないうちに被害が広がるわけです。

そういう会社は設定漏洩でも同じような事が起こってるでしょうね。

次回は設定漏洩の実際のパターンや、発覚するきっかけ、設定漏洩する人間のパターンなどをダラダラ書いてみようと思います。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

  • お久しぶりにコメントさせていただきます。
    モチベーション低下とのことですが、もしかして花粉症が原因では?とかペットの毛のアレルギーなのかも?などと、勝手に思ったりして読ませていただいてます。
    設定漏洩は昔はよくありましたね。なんで朝一から6が判るんだろう?なんて初めの頃は不思議だったのを覚えています。
    ところで今回の内容とは関係がないのですが、最近受動喫煙防止法改正案について取り沙汰されています。
    パチ屋さんとしてはこの改正案に対してどうお考えで、どのような対策をなさっているのでしょうか?
    また、喫煙室を設置するとなるとその期間は営業を休んだりするのでしょうか?
    よろしければ教えてください。よろしくお願いします。

    by 昔パチンカー 2017年2月24日 06:14

    • 鋭いですね笑。実は犬アレルギーで遊んだ後は痒くてたまりません笑。
      モチベーションはたまに著しく落ちる時があるんですよね。更新が減ってるのもそのせいだったりします。
      でもいつも自然と治るんですけどね笑。

      さて、受動喫煙防止法改正案の件ですが、業界ではあまり話題にはなっていません。
      業界内では「パチンコ屋は除外されるだろう」というような楽観的な考え方が多いのと、そもそも今回の改正案自体を知らない又は興味が無いという人が多いです笑。
      なので、改正案に対してどう対策していくか?という事を現状で考えているパチ屋はほぼ無いと思います。
      今回の改正案でサービス業にパチンコ店が含まれた場合、施設内禁煙(喫煙室設置はOK)となってしまいますが、そうなった場合に喫煙室を設置するか?と言われると微妙に難しい問題が出てきます。
      既設のお客様用休憩室を喫煙室にすれば問題ありませんが、そういった部屋(区切られた空間)が無いパチ屋の方が圧倒的に多いのが現状で、そのようなパチ屋は喫煙室を設置する際には工事が必要となります。
      費用的な事もありますが、一番の問題は喫煙室(区切られた空間)を新たに設置する際には構造変更の許可申請が必要になる可能性が非常に高く、地域によっては長期の休業を強いられる恐れもあります。
      現実的にはこのような構造変更の問題で設置自体をしないパチ屋も出てくると思います。
      ただ、不勉強で申し訳ないのですが、喫煙室の定義が仕切りを要しない程度の喫煙室でもいい場合(簡易なパーテーションなど)は、簡単に設置できるので休業は必要ないと思います。
      どちらにせよ、パチ屋は許可営業なので警察からのアナウンスがあるまでは様子見という感じです。

      by おかず 2017年2月26日 06:02

  • もう20年も前ですか、近所で店長が午前3時頃店から出てきた所を刺されて重症って事件がありましたが、その内容も、待ち伏せしていた男二人組が、設定を教えろ!の脅迫に店長が拒否した為、腹いせ?見せしめ?か知りませんが、刺されたとのことでした。

    業界上とは言え、ホンマ店長と言うのはリスキーな仕事だと思いました。

    そういえば、前のコラムの「サクラ」に関する記事で、同じ頃梁山泊集団が大阪でもあっちっこっち活動しており、彼らが来るとたちまち店内の雰囲気が一変した事を覚えています。あの頃のグッズで体感機ってのがありました。

    随分昔の話しです。最近の実情は分かりませんが・・(^^ゞ

    by ニューマン 2017年2月24日 13:07

    • 今は滅多に少なくなりましたが、昔は待ち伏せや家に来るというのは多かったと聞きます。ちなみに私も家にピザが来たりした事はありますw
      後はお客さんでは無いですが、昔は従業員(バイト・社員ともに)で借金がある人が多く、しかも少し危ない所から借りてる人も多かったので、営業中(勤務中)に取立てが来るとかはありましたw

      梁山泊って懐かしいですね笑
      25年前くらい前(とんねるずのテレビに出てた時期)は、梁山泊が来た店は店長はもちろんその他幹部総出で追い出してたみたいですね。私はもちろん子供なので経験はないですが、実際に対応した事がある上司から聞いたのは「本当に厄介な集団だった」らしいです笑。
      スロット吉宗で流行ったように、体感機に糸を付けて操作した場合は違法ですが、体感機自体に違法性はなく、身体に付けた体感機からのタイミングを実際に手でハンドル操作で再現して当てる技術は相当なものだったらしいです。

      私も詳しくは知らないのですが、一説によればテレビに出た後すぐに解散して、同じ名前の攻略会社(いわゆる攻略詐欺)が出てきたという事は聞いた事あります。両者は全く関係ないと言われてますが、真偽は不明です。

      by おかず 2017年2月26日 06:37

  • そういえば、今頃になって書くのも変ですが、ブログをリニューアルされてから、スマホでみる限りブログランキングの部分がなくなりましたね?

    おかずさんには失礼かもしれませんが、いつもあのランキングから楽太郎さんのブログへリンクジャンプしてたもので(^^ゞ

    まっどってことのないことですが・・・・w

    by ニューマン 2017年2月24日 13:28

  • 昨日、ブログランキングの件につきましてコメントを記しましたが
    たった今、パソコンから見るとちゃんと見えておりました。
    失礼しました^^;

    by ニューマン 2017年2月25日 09:28

    • すいません・・・分かりにくかったですよね。
      実は自分で作っといて、私もスマホで見たときに「あれ?無いぞ?おかしいな?」と焦ったのは内緒です笑

      by おかず 2017年2月26日 06:40

  • もう20年も前の話で恐縮ですが、大阪の江坂ってとこへパチンコに行ったとき、某店ではいち早く禁煙者用として、一階二階の店舗のうち二階の部分(恐らく200台前後はあったと思う)を全て禁煙席台にしたことがありました。

    元々どんな店舗でも二階より一階のほうが、客入りは良いのですが、その店の二階に上がって様子を見た時は、一階の8割入りの客に対して二階は1割という有り様で酷かった。

    私自身がスモーカーで有るため、風俗営業法に準ずるお店での禁煙席又は全面禁煙は、ますます遊戯客減少に繋がるものと思いますが・・。

    まっ政府がいっそのこと、憲法或いは刑法で「国民全員が禁煙」と言う法律でも発布されない限り、この問題は容易に片付かないでしょうね~。

    by ニューマン 2017年2月28日 09:51

    • 20年前だとかなり先駆けですね。禁煙コーナー程度で1BOXくらいは20年前にもありましたが、200台前後は当時記憶に無いので全国的にも珍しかったと思います。
      パチ業界は数年おきに禁煙ブームが来るのですが、7.8年くらい前に起きた禁煙ブームの時は全館禁煙のお店や、遊技中禁煙(台ではタバコを吸えない)、完全分煙(お店の半分が完全に禁煙)が出来始めたのですが、軒数は増えずに分煙ボードの流行で終わった感じです。
      私の地域の遊技中禁煙のお店や完全分煙店はそこそこ稼動しているんですよね。

      あくまで全国一斉にパチ屋が禁煙になれば特段影響が無いというか、まあ他店も同じだから仕方ないかーという諦めモードになります笑

      個人的には今回の改正案は、飲食業が一番の大ダメージだと思います。

      by おかず 2017年3月2日 04:23

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。