パチ屋店長のお客様応援隊

友達がカバン屋だった思い出。

calendar

漫画みたいなカバン屋さんは見た事ないです。

カバン屋さんって聞いた事あると思いますが、まあそれです。

カバンを持って来るから「カバン屋」と言われる由縁だそうですが、本当かどうかは知りません。

まあ漫画の様な怪しさ満点のカバン屋は見た事無いです。

時代が時代になり、需要がなくなったので今はいないんじゃないですかね?

ちなみにカバン屋さんのほとんどは裏モノを実際に作ってるわけじゃありません。漫画ではカバン屋さんがプログラム組んでる様な感じが多いですが、実際は裏モノを作る人はロム屋さんと呼んでました。

カバン屋さんはロム屋さんから裏ロムを仕入れて取り付けるわけです。

ある日カバン屋を待ってると・・

まあカバン屋さんの詳細はどうでもいいのですが、10年以上前にカバン屋さんをお店で待ってたわけです。こういう作業は閉店後の深夜に行ないます。

来る前に電話が来るのですが、待ってると着きましたという電話がきたので入口を開けると、そこに立ってたのは

友達

でした。笑

学生時代の友達だったわけですが、お互いに業界にいることは知ってましたが、まさかカバン屋とは知らなかったわけで、お互いびっくりしたわけです。

おかげで?当時のその手の事情には詳しくなったわけですが、今じゃ糞ほどの役にも立ちませんw

あーいう作業って、カバン屋さんにもよりますが「録画は止めろ」とか「作業中はホールに来るな」とか「モニターも消せ」とかいろいろ制約が多いわけですが、普通に手伝えという事で手伝ってたわけです。

作業自体はかなりの器用さと技術が必要なので、私ができる手伝いは作業完了後のためし打ちだったわけですが、結構めんどくさかったですね。

特定の子役が揃い続けるバグがたまに出るので、ボーナス図柄はもちろんチェリーやスイカも狙うわけです。

そしてチェリーが揃い続けると

チェリーフォーエバーでました!

と報告するわけです。

ちなみにベルが揃い続けると、ただのベルフォーエバーと言ってました。

まあ貴重な体験をさせてもらったなーという思い出です。つまんなくてすいませんww

 

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

  • >つまんなくてすいません

    いや、面白いです(笑)

    所でその知人は今はいずこへ。。。

    by 名前改め 2016年12月6日 12:54

    • ありがとうございます!笑

      需要が無くなってそのまま販社に入りました。笑

      by おかず 2016年12月6日 16:19

  • どんな仕様なのかすごく気になります。可能な範囲で教えていただけませんでしょうか。

    by 聖地 2016年12月10日 09:32

    • コメントありがとうございます。
      昔の事なので今の事情は良く分かりません。
      当時はチェリーバージョンや7円バージョン、32Gバージョンとかいろいろありましたね。主にパイオニア系ですが笑。
      ただこういう裏ロムのバージョンは流行があり、全国的に出回るバージョンは一緒です。
      数種類のロムが出回り、その中で一番いい仕様が出回るという感じなので、「裏モノ スロット」とかでググると詳しく解説しているサイトもありますよ。

      by おかず 2016年12月10日 19:44

  • お忙しいところレスありがとうございます。

    ブログ内容から察するに店長様が私腹を肥やしていたということはまったくないとは思いますが、いわゆる改造が原因でトラブルになったお話などに非常に興味があります。

    私の体験談です。
    昔、某チェーン店で光り物の基盤がとんだのか壊れたのかわかりませんがある1回の当たりを契機に必ず1
    ゲーム連する状態になり、20連くらいは日常茶飯事でしたので気になりませんでしたが、30連超えたあたりから違和感を感じ主任に壊れてるんじゃないの?と聞いたら、常連だったためか閉店まで打たされました。

    当方3号機世代で裏ものに育てられ、4号機でも同等の出玉性能に満足しておりましたが、5号機になり健全化したとは思いますがめっきり遊びに行くこともなくなりました。

    パチンコとパチスロ交互に規制された過去がありますが、一物一価とか言い出した頃から業界がおかしくなりユーザーの激減に直結していると感じてます。

    スリープユーザーやサイレントマジョリティーを復活させるという意味でこういったブログでの情報発信は大変価値のあるものだと感じております、応援しておりますので頑張ってください、御自身と業界の未来のために。

    by 聖地 2016年12月11日 09:12

    • ご丁寧な返信ありがとうございます。

      私の世代の店長は裏モノで私服を肥やすという事はあまりないと思います。私より上の世代では多かったと聞きます。基本的にカバン屋さんはお店の人間との関わりを非常に嫌います。ただ昔はカバン屋だけではなく、非常に怪しい業者もたくさんいましたので私より上の世代はそういった人間も多かったのは事実だと思います。

      裏モノが壊れるというのは意外と「結構あります」笑
      主に基板が飛ぶわけですが、仰るとおり裏モノの基板が飛ぶ代表的な症状は「連チャンが止まらない」か「一切ボーナスがかからない」のどちらかですね。
      トラブルになる事は意外と「少ない」かったのですが、それでも何回かトラブルになった事はありました。
      代表的なのはスロットではないですが、海物語のハーネス系でサムが外れることです。笑
      当時、パチンコは基板ではなく「ハーネス」という部品が出回っていたのですが、この「ハーネス」は値段が上・中・下という感じで良い物から粗悪品まであったのですが、安い粗悪品は仕組み上リーチ演出の書き換えを行なわなかったために、サムが外れる事がありました。私は経験ないのですが、知人はめちゃくちゃ揉めてました笑
      スロットの裏モノでトラブルになった事はないですね。みなさん裏モノと認識してやっている方が多かったからだと思います。

      昔の業界は非常に「いい加減」な業界であったために、今現在の方が有る意味「健全」で本来あるべき姿なわけですが、その反面魅力が半減し、昔から打たれてたお客様の足は遠のくばかりです。

      昔の業界は業界で良かったわけですが、昔にこだわり同じような機械性能や営業を繰り返すのではなく、スリープユーザーなども再度興味が出てくる様な市場を作っていかなければこの業界の未来はないと思います。

      私のサイトの内容は落書き程度ですが、これで少しでも興味を持っていただける方がいるのであれば非常に嬉しいです。

      by おかず 2016年12月12日 01:00

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。