パチ屋店長のお客様応援隊

大体誰でも知ってるパチ屋の知識をあえて書く第2回 貯玉してるパチ屋が潰れたら貯玉はどうなるの?

calendar

第1回の存在を忘れてました。

たまたま昔の記事を読み返して恥ずかしさで顔を赤くしてたのですが、その時に「あーこんなんも書いてたっけ」ていう記事があり、せっかくなので第2回でも書いてみようと思います。

ちなみに第1回は

大体誰でも知ってるパチ屋の知識をあえて書く第1回 なんで台には4番と9番がないの?

ですので、お暇ならどうぞ。

さて、第2回目は貯玉・貯メダルをしているパチ屋がいきなり潰れたら、貯玉・メダルはどうなるのか?という大体誰でも知っている事を解説していきましょう。

一生懸命貯めた貯玉・メダルですからね、どうなるのかは知っておいた方がいいでしょう。

基本は、潰れたら無くなる

基本的には、パチ屋が潰れると貯玉・メダルは消滅します。パチ屋が無くなったわけですから、当然貯玉・メダルも無くなるわけです。

貯玉・メダルはあくまでお店の営業中に使用できる物なので、お店が営業していなかったら使えないわけです。

では、パチ屋が潰れたら貯玉・メダルしているお客さんは泣き寝入りするしかないのでしょうか?

経営会社が倒産・破産などで、系列店全店が潰れた場合

パチ屋の経営会社自体が破産などで倒産した場合、尚且つ会社更生・民事再生のいずれも選択しなかった場合は、経営会社自体が無くなりますので何もできません。

経営しているお店全店一斉に潰れるわけなので、問い合わせする事もできないわけです。この場合はお気の毒ですが諦めるしかないでしょう。

どうしても諦められない場合は、倒産などで潰れたお店に大体貼ってある張り紙に、管財人として弁護士の連絡先が書いてある場合が多いので、債権者という立場で連絡してみるしかありませんが、貯玉・メダルが債権とみなされる可能性は低いでしょう。

貯玉補償基金に加盟してなければ、この様な状況になる可能性が高いです。

貯玉補償基金に加入していれば救済されます。

ただ、この場合でもお店が「貯玉補償基金」に加盟している加盟店であれば基金がパチ屋に代わって救済してくれます。貯玉補償基金についての詳しい内容は後述します。

系列店の一部のみ閉店した場合

老朽化したパチ屋や、系列店で業績の悪い店を閉店、賃貸契約が終了のため撤退など、複数店舗の一部のお店が潰れる場合もあります。

この場合、基本的には「貯玉補償基金」の加盟店であれば貯玉補償基金へとなります。

ただ、会社自体は倒産しているわけではなく、系列店も営業しており、尚且つこういった閉店は事前に分かっているわけで、大体の場合は閉店の1ヵ月前~1週間前に告知をし、貯玉・メダルを交換してもらう事が多いです。

この期間に交換できなかった場合は、貯玉補償基金への請求となるでしょう。

補償基金に非加盟のパチ屋は、系列店で救済してくれるのか?

ただ、そのパチ屋が貯玉補償基金に加盟していない非加盟店だった場合は、貯玉補償基金の救済はありません。

この場合は系列店が補償してくれるのか?という事になりますが、可能性は低いと思います。貯玉・メダルはその店のみ有効なものです。レシートを系列店で出しても交換してくれないのと一緒で、貯玉・メダルも系列店では交換する可能性は低いと思います。

貯玉補償基金に加盟していないお店を閉店させる場合は、さすがにパチ屋も分かっているので、早くまた長めの告知やDMなどでの告知を行なうと思います。

それでも交換するのを忘れてしまった場合は、ダメもとで早めに系列店に申し出てみるしかないでしょう。もしかすると・・・・。

図にしてみると

簡単に図にしてみました。適当に作ったので見にくい場合はすいません。

0001234

貯玉補償基金とは?

ちょこちょこ出てきた貯玉補償基金ですが、この団体はパチ屋が潰れた場合に、そのパチ屋の代わりに貯玉・メダルを救済しますよ。という団体です。

以前は加盟・非加盟はパチ屋の任意だったのですが、約9年ほど前から「新店」または「新しくホールコンピューターを設置した場合」は原則的に加盟となっています。

現在非加盟のパチ屋は加盟・非加盟が任意だった時代にできたわけですが、今後加盟するか?といえば、加盟しないでしょう。

現在は実質強制加盟なので、非加盟店は任意という特権を今後も捨てないでしょう。年額100万程度かかりますからね。

加盟店でも安心するのはちょっと早い

加盟店だと貯玉・メダルを救済してくれるわけですが、条件が3つほどあります。

1、救済は玉25万発、メダル5万枚まで。

貯玉補償基金は上記の玉数・枚数が救済の上限になります。これ以上は補償外となるわけですが、これを見越して大体のパチ屋は貯玉できる上限を上記の玉数・枚数に設定しています。一部設定を解除して上限なしのパチ屋もありますが、救済されないのでお気をつけ下さい。又、1店舗で複数のカードに貯玉している場合は合算となります。25万発貯玉している会員カードを2枚持っていても、25万発の救済となります。

ただし、系列の複数店舗のカードにそれぞれ貯玉がある場合は、1店舗につき上記の上限となります。A店で25万発、B店で25万発の場合はA店・B店それぞれ25万発ずつ救済されます。

2、救済方法は、物品との交換のみ。

救済方法はカタログ景品と一般雑貨のみで、現金では救済してくれません。もし20万円分の貯玉をしていた場合、20万円分の賞品としか交換できません。もちろん賞品の中に特殊景品は含まれていません。よって現金と交換する事はできないという事は覚えておいた方がいいでしょう。

3、救済の手続きは自分自身で全て行なう。

貯玉補償基金への救済の手続きは、原則お客様本人が行なうことになります。ご自身で窓口に電話をして手続きをするわけで、パチ屋は一切やってくれません。これがめんどくさいの極みという欠点があります。高齢者のお客さんはこれがめんどくさくて請求しないケースも多いと聞いたりします。

詳しくは貯玉補償基金のHPで確認して下さい。

 

貯玉補償基金に加盟しているから優良店、非加盟だから極悪店と判断するのは少し危険です。

現在は原則強制加盟なのでボッタ店も加盟してます。優良店でも加盟してないお店もあったりします。

尚且つ現金と交換できない欠点があるので、加盟・非加盟はあくまで参考程度にする方がいいと思います。

え?私の店はどうなんだ?ですって?

それはヒミツですw

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

  • 普通に知らなかったですw

    つぶれたらただなくなるのみだと思ってました。
    最近はまったく会員カードを作らなくなってしまったのですが、店側としての会員カードを作成してもらうときのメリットってあるんですかね?
    あまり思いつかないんですが、データ管理しやすくなるとかなんですかね?
    もしよろしければ記事にしていただけたらなと思います!
    (すでにあり、自分が見つけていないだけかもしれませんが…汗)

    by そんさく 2016年10月21日 20:58

    • 今でも潰れたら無くなると思っているお客さんは多いですよ。記事を見て頂いたみたいですが、店側のメリットは「顧客の囲い込み」と言われてます。貯玉があるうちは店に来てくれるという事ですね。他はどの地域から来ているか?とかありますが、正直会員情報を有意義に利用しているパチ屋はあまり無いと思います。そういう点ではお店にメリットはあまりないですね笑。
      会員情報をパチ屋はどんな風に使ってるか?とか書いたこと無いので今度書いてみますね。

      by おかず 2016年10月23日 04:13

  • ちょっと探したら普通にありましたね^^;
    1年前の「貯玉メダルの活用はお得ちゃん?」って記事に書かれてましたw

    by そんさく 2016年10月21日 21:05

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。