パチ屋店長のお客様応援隊

年末にかけて怒涛の話題機ラッシュだけど、買うお金が無い!という愚痴。と案件が異様に早いという愚痴。

calendar

もうね、お金ないっすよ。マジで。

保通協の適合率が過去最低を更新する中、それでもある程度は通ってくるもんで、9月から各メーカー怒涛のメイン機種を発売してきます。いわゆる各メーカーの主力コンテンツが登場するわけです。

まあ、機械が出るのは別にいいわけです。撤去もあるし新台の寿命も短いので。

ただ、それにしても値段が高いわけです。各メーカー主力コンテンツは40万超えになりそうなので、本格的に定価419,000円とか428,000円とか438,000円(全て税抜き)とかの時代に突入しそうな勢いです。399,000円の申し合わせってきっと無かった事になるのでしょうね。

それは置いといて、とりあえず何が出るのかまとめてみました。

9月から年内の主力コンテンツ

時期    機種名台数
9月後半SLOT魔法少女まどかマギカ2初週2万、2週目5千、3週目5千だった気がする。
10月前半北斗の拳修羅の国編8万台って言い張ってる。
10月前半CRスーパー海物語in沖縄46万台で既に案件パンクで鼻息が荒い。
10月後半CRルパン三世9-Lupin The End-6万って言ってた気がする。
10月後半CR牙狼闇を照らす者 XX3万台って聞いた気がする。
11月予定CR花の慶次 愛のかなたにまだ聞いてないです。
12月予定CRエヴァ11保通協適合して12月くらいしか聞いてない。

とまぁこんな感じです。保通協に適合してない機種は書いてません(魔戒のリユースとか)

これ全部欲しいわけですが、まどマギ2と北斗修羅を張り切って買った私は既に予算が少ないわけです。両方とも抱き合わせがあったので。

ルパンや慶次、エヴァに牙狼は撤去回収リストの代替機と考えて割切るしかないのですが、沖縄4は全く関係ない出費なわけです。これが地味に痛いわけですよ。この前M55入れたばかりなのに。

てかもうお金ないっすよ。ほんと。自分のお金じゃないので、欲しいから買ってくれ!と言うレベルを超えてるわけですが、入れないとお客さん減っちゃうという恐怖に勝てない訳です。ヘタレなので。

案件の締めが早い

まあ実際にはアナウンスが遅いから締めが早く感じるだけなんですが、大手優遇の一環で情報も大手優先なわけです。私みたいな弱小はネットでカタカタ情報収集をするしかないわけですw

こういった主力機が被るような時期は、展示会から案件までの期間が短いわけです。見て即注文くれという感じです。ルパンなんて9月1日にしか見れないのに、2日に案件出せって言ってますからねw。ちなみに沖縄4の案件は月曜日だったわけです。

本来なら全ての機械を見てから、予算調整とかしたいわけですが、そんな事すれば台数減るかもしれないメーカーさんは、案件締め日をライバル機種より早めるわけです。

要はルパンの実機を見て「おお!こりゃ沖海4なんて買ってる場合じゃねー!」ってのを防ぐためなわけです。またルパンも同じで花の慶次見て「ルパンなんて買ってる場合じゃねー」ってのを防ぎたいわけです。

大手はこういった心配はないです。「先見せ」という制度で早く実機が見れます。案件も大手は融通が利きます。もちろん新台の情報もネットより早くアナウンスがある訳です。私みたいに必死でカタカタキーボードを叩く必要がないわけですね。

まあ何が言いたいか?といえば

弱小はツライ!

という事ですね。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

  • 車みたいにグレード決めれりゃいいのに
    役物フルセット、バイブ、パト、RTC搭載のフル装備からボタンのみの最小限の台。遊戯上は違い無しで45万から25万とかで

    それかパチ屋が全て新台の不買運動でもしないと客のがもうもたない。長い事やってきたが前代未聞で辛い

    by ちくわぶ 2016年9月5日 20:13

    • コメントありがとうございます。そうなるときっと皆さん25万円のグレードしか買わないでしょうね笑。今回の沖縄4は現行枠でも使えるのですが、新枠との価格差が5万円しかないんですよね。5万円の差で現行枠を長年使ってて老朽化してる事を考えて新枠で買いましたが、価格差が10万円以上あったら老朽もなにも現行枠に飛びついてましたからね。

      そうですよね。買わない勇気って言葉を数年前からよく聞きますが、みんな勇気が無いので買っちゃうんですよ。無論私もですが・・・・。

      by おかず 2016年9月6日 00:44

  • 客も客で
    「新台を当店はドンドン入れます!」
    なんて煽りの店に集まるのも事実なんですよね

    ユーザーの本音
    金も欲しいし新しい刺激が欲しい

    現行機種では後者の欲求は満たせない

    尚且つ現行機種においても前者の欲求は100%満たせない

    じゃあ刺激がある方がいい→新台スキー

    だと思うので店も入れない選択肢は難しいのも理解出来ます

    客も賢くなってホールとの信頼関係を築かないとメーカーにダメージは与えるのも難しいですよねえ

    ただ単純に好きな台を打ちに行って勝ち負けが楽しめればいいのになぁ

    by ちくわぶ 2016年9月6日 11:17

    • イベントが禁止になってからは、お客さんが期待するパチ屋行事は「グランドオープン」「リニューアルオープン」「新台入替」くらいしか無いので、どうしてもそうなっちゃいますよね。
      昔はパチンコの設置台数の4割が海物語とか、スロットの3割4割が北斗や吉宗みたいな感じで、いわゆる入替不要の島(台数)がありました。そのおかげで入替が多くても実際の台数や金額はそこまで大きくなる事はなかったです。お客さんも海しか打たない人、北斗しか打たない人、ジャグラーしか打たない人が多かったのですが、今は柱になるような牙狼や北斗無双なども台数によりますが、せいぜい1BOX(設置の1割2割)が限界なんですよね。
      そこまで新台入替をしないといけないのは、機械のつまらさなを物語ってるわけですが、メーカーの本音は「パチ屋が出さない回さないから」機械の寿命が短いという論調が根強いわけです。
      確かにパチ屋が出さない回さないというのは分らないでもないのですが、昔ヒットした機種はそもそも「出さなくてもお客さんが多い」というだったわけで、パチ屋が出したから回したからヒットした機械なんてのは無いんですよね。
      そう考えるとまだまだお客さんが望むようなパチ業界になるのは先なのかなーとか思います。

      by おかず 2016年9月7日 01:23

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。