パチ屋店長のお客様応援隊

パチンコ台不正改造で72万台回収へ パチ屋への影響は?

calendar

このシリーズは次回で終わります。

話題に便乗してお送りしてきたこのシリーズですが、次回で一旦終わります。こんなゴミクズのようなブログにアクセスが殺到した事でも分る様に、世間がいかにこの問題に関心があるのかという事がよく分かりました。

パチンコ台不正改造で72万台回収へ

パチンコ台不正改造で72万台回収へ その2

パチンコ台不正改造で72万台回収へ 今後の回収スケジュール

この業界ははっきりいえば社会的地位は底辺です。そして間違いなく斜陽産業な訳です。世間の理解が無かったら存在すら危ういわけです。

あんまり真面目な事を書くのは好きではないので、簡単にしか書きませんが、世間が注目してる中で大事なのは結果のみです。過程は評価されません。パチ屋にもメーカーにも言い分はあるのですが、そんな言い分は誰も興味がなく、結果のみで判断されるって事を理解できなければ業界のお先は真っ暗です。既に真っ暗だけどw

回収問題でパチ屋への影響は?

今回の回収問題でパチ屋にはどんな影響があるのか?という事ですが、これはお店の状態によって決まります。

業界全体でいえばそこまで大きな影響はありません。全国には約300万台パチンコが設置されており、尚且つ入替で1年間に導入されるパチンコは約200万台です。設置台数の約3分の2が毎年新台入替で交換されているわけです。

*ちなみに昨年は183万枚で昭和60年以来久しぶりに200万枚を下回りました

1年間で約200万台もの入替が発生している理由は単純で「ほぼ全て糞台」という事です。要はほとんどの新台が1年持たないわけです。

ちなみにパチンコ新台の平均寿命は約7週(49日)と言われてます。ちなみにスロットは9週です。

なので、一部の機械を除けば自然と新台入替時の撤去対象となる訳です。こう考えれば特にそこまで影響はない訳です。

ただこれはあくまで全体的に考えた話で、実際は微妙に影響が出てきます。

例えば3つのパターンで考えて見ましょう。お客さんいっぱいの人気店、中途半端な店、ガラガラな店の3つです。

その1 お客さんいっぱいの人気店

皆さんがマイホにしてるような人気店だと、牙狼魔戒などが大盛況だったりします。北斗無双で少し弱った魔戒ですが、回収問題が無ければ次の牙狼までバリバリ店の中心機種として活躍する訳です。

こういう人気店は営業の柱(中心)の機種を失う事になり、営業的にダメージが大きいわけです。魔戒を撤去して、代わりに導入する機械が同じように動くか?と考えると疑問ですからね。

こういうお店は、各メーカーから出るリユースに飛びつく訳にはいかず、必然的に営業の柱となる機種を買う傾向になります。今後販売される機械が柱になるか不確定な訳で、早いお店は結果が出ている北斗無双を増台しており、これによって一時期北斗無双の中古が上がった理由の1つとなる訳です。

人気店の悩みどころは、撤去するタイミングとリユースを積極的に利用するかどうか?でしょう。

その2 中途半端な店

お客さんが多いわけでもないけど、ガラガラな訳でもないという中途半端な店、私の店のようなパチ屋はどうでしょうか?

中途半端な店は実はあまり影響がありません。魔戒も大して動いておらず、設置している理由は「店に魔戒が無いと、格好がつかない」だけです。大して動いてないけど設置してないとそれはそれで困るわけです。お客さんが来店して魔戒がなかった場合「この店ww魔戒ないのかよww」と草を生やされると困るからですね。もはや装飾です。

なので、正直撤去して代替機を導入しても売上的に大した変動はありません。

でも実はこれを機に一気に人気店をまくれるワンチャンがあるのも事実なので、やる気のある店はこの撤去を機に何か仕掛けてくるでしょう。

何も仕掛けてこない店も、リユースを利用して安く代替機を使うのでそこまで影響がある訳ではありません。

中途半端な店の悩みどころは、ワンチャンを利用するかどうか?でしょう。

その3 ガラガラな店

ガラガラな店はそもそも入替をしません。営業的には中途半端な店と一緒で営業の柱と言えるレベルではないので、そういう意味では影響は少ないのですが、そもそも新台入替をする事自体が重荷となってきます。

今回各メーカーが出す代替機のリユースは、ほぼ全てが「先に要返却」な訳です。撤去してメーカーに返して、それからリユース機が入ります。こうなると対象機を先に撤去しなければならず、そこには代替機が必要なわけです。

この代替機分だけは中古でも新台でも買わないといけなくなります。ただでさえ入替費用が出ない店はこの時点でかなり苦しいわけです。

そうなると一時期だけでもCRベニヤ板で対応する店の出てくるでしょう。

今後一番潰れるのはこのランクの店です。

ガラガラな店の悩みどころは、そもそも経営が苦しい。でしょう。

業界全体での悩みは?

ちょっと長くなったので簡単に書きますが、業界全体的な悩みもあります。それは単純でMAX機を打っているお客さんの受け皿です。

撤去まで魔戒などを打っているお客様が撤去後に何を打つのか?という事が今後のお店を左右するわけですが、これは正直分かりません。

スロットは4号機撤去の際にAタイプが受け皿になったという歴史があるので、今後もAタイプを推してくるお店は多いでしょう。

ただパチンコに関してはそういう事が無かったわけです。1つだけ言えば、新基準機の実績から現状の新基準機では受け皿にならないという事ですね。

今後はお店のやり方が大きく分かれたりします。個人的にどうするかはヒミツですが、路頭に迷わないように頑張りたいと思います。

 

次回はメーカーへの影響を更新予定です。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。