パチ屋店長のお客様応援隊

パチンコ台不正改造で72万台回収へ

calendar

やっぱヤフーって凄いね。

yahooニュースに不正改造で72万台回収と載った訳ですが、そこから昔書いた不正改造記事のPVが伸びる伸びる。

この記事ですね。2015年12月25日更新 パチンコ台不正改造で回収へ

更新してないのにPVが伸びてたので、なんでこんなにPV伸びるのかな?嫌がらせされてる??なんて怯えてたのですが、リソース見てあーなるほどと思ったわけです。

見て頂けるのはありがたいのですが、古い記事の古い情報しか書いてない記事なので、現状での回収問題の経緯を簡単に書いていこうと思います。

きっかけは去年の1月にさかのぼる。

昨年の1月に行政からの講和で釘調整を指摘され、ちょっとざわめいたのが全ての始まりでした。ただこの時の業界は「まあ、いつもの形式的な講和だろう」的な楽観ムードでした。

警察庁は本気だった。

ところが昨年の6月に警察庁が遊技産業健全化推進機構(以下機構)に、追加で遊技性能調査を依頼した訳です。遊技性能調査で検定状態と実際の営業の状態が同一かどうか調べるという事になり、警察が本気だったという事が分かります。

そして遊技性能調査が始まったのですが、結果は酷くとても検定状態と同一とは言えない状態が多いという結果になりました。

警察庁キレる。

遊技性能調査の結果をうけて、警察庁は11月に堪忍袋の緒が切れるわけです。

まず、ホール5団体を呼び出し検定状態と異なる機械の撤去を要請、パチンコメーカーの団体である日工組にも検定と異なる機械の回収を要請したわけです。

ただこの時点では、対象機、対象規模、撤去時期などは全て未確定なままでした。

新聞で報道されて後がなくなる。

業界の得意技「ダラダラ伸ばす」という事をして何も決めないままの状態が続いてましたが、そこで新聞に1面で報道されました。yahooトップニューにも載って、もうやり過ごす事が不可能になり、後に引けなくなったわけです。

12月の記事ではここまででした。

警察のパチンコ台への意向が固まり新基準へ

釘問題と新基準機は別な話なのですが、釘問題を受けて新基準機のスペックも決めなければならず、新台不足が発生しました。

お上の意向は「検定と同じ釘で営業しろ(他入賞)」という事になり、ベース30という基準がはっきりしたことで、現在の新台はベース30以上の台となりました。

ちなみに、今回の釘問題では命釘に対する言及は一言もなかった訳です。

これはお店が酷いネットに晒されるような釘にしてるのも悪いのですが、保通協の型式検査で横行していた「検査の抜け道」いわゆるザル検査の責任をメーカーに押し付けたというのも特徴です。

最初から「他入賞を締めて営業する前提」で機械が作られてた訳です。それを「そんな使い方してたとは知らなかった。けしからん!」というのが警察庁の言い分です。これには「そんな馬鹿な・・・」という意見も多かったですが、まあ換金という暗部を持っているパチ業界が意見できる訳もない訳です。

という訳で、ベース30で適合・検定を受けた機械は、ホールでもベース30が当たり前。という事になりました。

ちょっと疲れたので、次回へ続きます。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

  • 違うブログ記事のところへレスポンスさせてもらったのですが
    ポッカ吉田氏の著書の中にも、おかずさんが記載されているような事が書かれて
    おりました。ただ、団体側の足並み(全日VS日工祖・日遊協)や団体としての
    とらえ方(温度差)とかもう少し詳しく書いていたので、今このおかずさんの記事
    を読んでいてよくわかりました。

     あえて、吉田氏のコメント引用させて戴くと、パチンコ・パチスロ業界がここ
    数年で大きく様変わりしてきていることを危惧しておりました。
     また氏は、『ありえないだろうが・・・』と前置きをしつつ、このまま警察庁
    からの指示や業界の自主規制とかで、今の『真鍮釘』が、触るに触れないように
    『耐久強化プラスチック』にでも変わろうもんなら、もうこの業界も廃れる一方
    であろう・・・危惧しておりました。

    私は年に5~6回ほどしか行きませんが、1990年代のピーク依存症時代に比べ
    ホント変貌するこの業界がよくわかります。

    by ニューマン 2016年7月2日 16:08

    • ニューマンさん、いつもありがとうございます。そして全部にコメント返せてなくてすいません。
      私もその本読みました。内容的にはニューマンさんが受けた印象どおりの内容ですが、あれくらいが書ける限界なんだと思います。ただパチンコ業界専門のジャーナリストはPOKKA吉田氏以外にはいないので、その点では非常に参考になる本です。
      パチンコ業界はいわゆる「暗黙の了解」が多いのが特徴で、その暗黙の了解が崩れると成り立たない業界です。
      一部のホール団体は危機感を持っていろいろ検討してますが、最終的には利害関係が影響してまとまらないというパターンになりますね。
      なんだかんだで、行政の強制力がないと何も進まない業界なのかもしれません。

      by おかず 2016年7月6日 15:49

  • 第三次撤去リストに結構好きな機種が入っててショック受けてます(苦笑)
    ただ、今回はMAX機のみが対象なので、回収対象機種の甘デジは検定切れまで、今のところ遊べるという認識で大丈夫ならば、撤去後自分はしばらく甘デジをメインで打とうかなと思ってます。
    ところで、台の傾斜角度を調整すれば回りやすくすることも、回りにくくすることも出来るそうなんですが、実際、島側に傾けた場合と、垂直に設置した場合だと、1,000円辺りどのくらい回転数変わってくるんでしょうか?

    by 伸治 2016年7月4日 00:39

    • そうですね。回収対象機はあれで全部なので甘デジはこのまましばらく使えますね。
      今週からちょいパチも導入開始されるので、ちょっとだけ注目してます。
      台の傾斜ですが、これが厄介で機種によってかなり変わる機種と、誤差の範囲の機種とがあるので何とも言えないですね。基本的に傾斜は4分5厘なのですが、機種によって5厘単位で起こす事が多いです。最近だと4分とか3分5厘とかも増えてるかもしれないですね。
      基本的には100発スタートで0.2~0.3くらい変わりますが、1,000円に直すと1回転も変わらないのが実情です。

      by おかず 2016年7月6日 16:35

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。