パチ屋店長のお客様応援隊

【真面目に書く第2弾】最近の新台が何で悪いのか理論的に愚痴ってみる

calendar

前回の続きです。

今年に入ってからの新台がどれだけ悪いのか?という事を前回お伝えしたのですが、今回は何で悪いのか?という事を理論的に書いてみようと思います。果たして理由はあるのでしょうか?

スロットは理論的に説明できないので、パチンコのみです。

結局はベース。

前回の記事で新基準機はベースが上がったとお伝えしたわけですが、結局はこのベースがパチンコが無意識につまらなくなった一因じゃないのか?という事です。

前回の記事でベースが高ければ打ち出せる玉数が多くなる(=稼動があがる)事はご理解いただけたと思いますが、実際は増えて当然の稼動が下がっているのが今の新台です。

打てるのに打たないという事になるので、結果的につまらないという理由なのでしょう。

ではなぜつまらなく感じるのでしょうか?マックスじゃないからといえばそれまでなので、ちょっと視点を変えてみます。

ベースが上がっている正体は他穴入賞(フロッグとかおまけとかとも言います)でいわゆるBYと呼ばれています。CRガンダム3はスタート入賞が5個ですが、めんどくさいので今回は忘れてください。

仮面ライダーフルスロットの記事でも書きましたが、他穴入賞のベースいわゆるBYが千円ボーダーに影響する事は基本ありません。

新基準機はこのBYが高くなっているわけです。ちなみに旧基準機はBYが1程度です。

お客さんは千円ボーダー=千円で何回転するか?で判断するのですが、以前も書いたようにパチ屋は千円ボーダーで管理するわけではなく、1分間の回転数=スタートという数値で管理します。

このパチ屋が管理するスタートはベースによる影響を受けまくります。

例えば、千円ボーダーが18.5回転の台があったとして

1番台 スタート6.0回 BY1の台はベースが19.0となり、千円で約18.5回転します。

2番台 スタート5.5回 BY9の台はベースが25.5となり、千円で約18.5回転します。

1番台・2番台のどちらも千円では18.5回転しており、千円ボーダーが18.5回なのでどちらの台でもボーダーはクリアしてるわけです。

2番台は1番台に比べて、1分間(100発)で回せる回転数は少ないけど、ベースが高い分打ち出せる玉が多くなり、結果的に千円で同じ回転数を回せるという事です。

ただ、この2番台で打った場合、確かに千円で18.5回転しますが1番台と比べて体感的な違いが発生します。

極端に言えば

1番台は保留が3個くらい4個行くときもある

2番台は保留が1個か2個で満タンにはならない

という事です。まあ機種にもよりますが、そういうのは忘れてください。

こうなると千円で同じ回転数が回る台でも体感的に

1番台は回る

2番台は回らない

という体感になるわけです。

これは極端な例ですが、要は1番台が旧基準機、2番台が新基準機に近いという事です。

もちろんスペックが面白く感じないという理由もあると思いますが、こういう理由から無意識に新基準機がつまらない、回らないと感じているお客様が多いのでは?と個人的には思う訳です。

ちょっとぐだぐだになりましたが、途中から書くの飽きてきたので(笑)計算式とかはぶっ飛ばしてます。

今月にCR北斗無双とCRガンダムが出てきます。新基準なので両機種ともベースは高いのですが、ベースの内容が北斗は他穴、ガンダムはスタート賞球という違いがあります。

個人的に私はこの2つの機種をすごく注目してる訳ですね。お客さんがどう体感するかで稼動の差が出てくるのでは?と思ったりします。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。