パチ屋店長のお客様応援隊

新台の検定通過情報とかってどこで知るの?

calendar

普通に公安委員会がネットで公示してます。

みなさん大好きな新台。私も大好き、パチ屋も大好き、新台出ないと業績も下降しちゃうくらい、もうこの業界は新台依存症なんでしょうね。メーカーさんも売上下がるし。

さて、よくネットとかでいち早く「新台検定通過情報!」とかありますよね。私もよく見ます。情報収集が楽な時代になりました。

ご存知かと思いますが、パチンコ・スロットの新台はまず保通協という検査機関で試験を受けます。この保通協の試験に適合した台だけが各都道府県の公安委員会に検定を申請でき、検定を通過して初めて販売できるわけです。

簡単に書けば

新台作る → 保通協の試験へ → 適合 → 各都道府県の公安委員会へ検定申請 → 通過 → パチ屋へ販売

こんな感じです。ちなみに保通協の試験にはもちろん不適合という試験に落ちる結果もあるのですが、結構落ちます。申請に対しての適合で適合率という数字を出しますが、パチンコが約75%・スロットが約43%となってます。(平成27年)

逆を言えば、パチンコの25%・スロットの57%は不適合という事で試験に落ちているという事ですね。スロットが落ちまくっているのは長年業界の問題となってたりします。

各都道府県の公安委員会が出す検定ですが、これはほぼ99%が通過します。右から左へという感じです。なので「検定に落ちる」という事は基本的にありません。

という訳で、検定を通過した台というのはもうすぐ新台として販売されますよ。という事に繋がりますので新台情報サイトなどでは「検定通過情報」として扱っていますよね。

ちょっと前置きが長かったですが、この検定通過情報はどこで収集しているのか?と疑問に思われる方もいると思いますが、冒頭に書いたように普通に各公安委員会が公示してます。公示なので誰でも見れます。業界人だから見れる訳ではなく、一般の方でも全然見れちゃうんですね。

よく、サイトとかの検定通過情報で、東京都検定通過情報とか高知県検定通過とか一部の地域しかなかったりしますよね。自分の住んでる県の検定情報が無かったりとか。

あれは別にその都道府県の検定が重要という訳ではなく、単純に

その都道府県しかネットで公示してない

という事ですね。ネットで公示している都道府県と、公示してない都道府県があります。ただそれだけです。

まあでも実際に自分で調べて把握するのは正直めんどくさいんですよね。私の地域はネットで見れない地域なので、わざわざ県警前にある掲示板まで行くのもめんどくさいですし。

なので、意外と重宝してます。笑

大した事じゃなかったですが、検定通過情報にはこんなカラクリがあったんですね。

楽太郎先生の所へはランキング1位又はバナーをクリックしてどうぞ。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へにほんブログ村 スロットブログ スロット店・店員へ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いてる人

おかず

おかず

現役パチンコ店の店長です。無駄に業界歴が長いだけですが、無駄に長いだけあって知識だけは一人前。無駄に長い知識をお伝えできればと思ってます。